Victory Road

巨乳のサンプル動画が見放題!

2011/03/27 (日)
2011年2回小倉6日目

■馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス1秒4からプラス1秒0へと変動。日曜がプラス0秒7だった。なお先週については、取りやめとなった3/12・13の代替として行われ、番組としては代替5日目・6日目となる。まずはここまで8日間の芝の馬場差を振り返っておくと、雨の影響を受けた日が多く、開催日によって時計の出方が異なる。また1日の中でも変動している開催日が半数以上あるので、時計を比較する際は注意。また、既に発表されている様に、2回小倉はさらに4日間開催日数が増えて、今週・来週と行われる。芝についてはこのままCコースが使用される。
土曜・日曜とも時計の掛かるコンディションだった。ただ、土曜は朝の雨で終日稍重だったが、天候は回復して行って馬場もそれに連れて徐々に乾いていった。ですから、後半は水準方向に近づいている。日曜は土曜後半と比べ、さらに乾いていった感じ。脚質は土曜は先行有利だったが、日曜になると差しも届くようになって来ていた。馬場の内側は徐々に荒れ始めている印象。
ダート
先週の馬場差1700m対象の数値は、土曜日がマイナス1秒9からマイナス1秒1へと変動。日曜日がマイナス0秒6だった。ダートもまずはここまで8日間の馬場差を振り返っておく。雨の影響等によって時計の出方が異なる。また、1日の中でも変動している開催日が半数ある。ただ、その一方初日・2日目・7日目はプラスの馬場差で、特に1週目は時計が掛かっていた。
土曜は雨が降った影響で時計の出やすいコンディションだった。後のレースになればなるほど、乾いていったが、それでも脚抜きの良い馬場だった。日曜は土曜ほど高速馬場ではないが、それでもマイナス0秒6と時計の出やすいレベルだった。脚質的には湿った馬場が影響したのか、先々週と比べると差し馬の活躍が目立った。組み合わせとしては、先行馬と差し馬という決着が多かった。
馬場差一覧

■タイム分析
2011-03-27  芝=+0.7
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
3R T1200 アグネスウイッシュ    牡3 未勝利 1:10.0 +0.6 +0.2   C D
4R T2000 ゴーズオン    牡3 未勝利 2:03.0 +1.5 +0.8   D D
8R T1800 トシザマキ    牝4 500万下 1:50.7 +3.6 +2.0   S D
10R T1800 サウンドバスター    牡3 フリージ500 1:48.6 +0.9 +0.3   C C
12R T1200 メイショウフレアー    牡5 熊本城特500 1:09.5 +1.0 +0.6   D C

2011-03-27  ダ=-0.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R D1000 トウケイカガヤキ    牝3 未勝利・牝 0:59.4 ±0 +0.4   D D
2R D1700 サワヤカユウタ    牡3 未勝利 1:47.5 +0.4 +0.6 D E
5R D1700 ワンダースル    牝5 500万下・牝 1:46.4 +1.0 +1.6   E D
6R D1000 セトノジャーニー    牡4 500万下 0:58.6 +0.1 +0.5   D C
7R D2400 スペシャルイモン    牡4 500万下 2:33.0 -1.2 -0.4   B D
9R D1700 ツルマルシルバー    牡7 500万下 1:45.7 +0.3 +0.9   E D
11R D1700 トーセンアドミラル    牡4 南九州特1000 1:44.5 -0.1 +0.5   D D

         

■ワンポイントアドバイス
減量騎手活躍
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。