Victory Road

アダルト 期間限定セール(毎週作品更新)

2011/03/27 (日)
2011年2回阪神2日目

■馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜日がマイナス0秒7、日曜日がマイナス0秒6だった。連続開催ですので、まずは1回開催を含めた馬場差を振り返っておこう。先々週の阪神は3日間開催でしたので、9日間を振り返る。基本的にはまずまず速い時計の出るコンディションだが、代替5日目つまり21日月曜日は雨の影響で時計が掛かった。また前の開催2週目は開幕週に比べ、やや時計が掛かっていた。
時計の出方は良馬場で行われた先々週の土日と大きく変わらずで、まずまず速い時計の出やすい馬場状態だった。脚質的には土曜に行われた2重賞、スプリングSとフラワーカップこそ差し馬同士で決まったが、それ以外のレースはおおむね、先行馬が有利だった。見た目にも馬場の内が傷んで来ているが、雨が降らない限りは問題ないかなというレベル。ちなみに今週からはBコースが使用される。
ダート
先週の馬場差1800m対象の数値は土日ともにプラス0秒5だった。まず9日間の馬場差を振り返っておくと、雨の影響を受けた21日月曜日の代替5日目を除けば、全てプラスの馬場差。ただ、前開催3日目と比較すると、その後は水準に近づいている。
同じく良馬場で行われた、先々週土曜と大きく変わらなかった。馬場差は土日ともプラス秒5。いずれにしろ、乾いた馬場なら時計の掛かるコンディション。脚質的には先行馬が有利。差し馬同士で決まったレースは1鞍もなかった。差し馬が来たとしても、先行馬が1着で差し馬が2着というパターンが多かったですから、今週も良馬場なら同じような傾向が続くと思われる。
馬場差一覧

■タイム分析
2011-03-27  芝=-0.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
4R T1600 ダイワベルベ    牡3 未勝利 1:36.7 +1.0 +1.5   E C
6R T1800 エリンコート    牝3 500万下・牝 1:47.3 -0.5 ±0   C C
8R T1800 アドマイヤテンバ    牝4 1000万下・牝 1:46.6 ±0 +0.5   D C
9R T1200 エーシンウェズン    牡4 四国新H1000 1:08.9 ±0 +0.4 D D
11R T1200 キンシャサノキセキ    牡8 高松宮記G1 1:07.9 ±0 +0.4   D C
12R T1800 レッドデイヴィス    セ3 毎日杯G3 1:47.1 ±0 -0.5 B C

2011-03-27  ダ=+0.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R D1800 プリンセスキナウ    牝3 未勝利・牝 1:57.5 +2.8 +2.3   E D
2R D1400 トーセンターボ    牡3 未勝利 1:26.3 +0.1 -0.3   B C
3R D1800 ヤマニンティグル    牡3 未勝利 1:56.5 +1.8 +1.3   E C
5R D1400 サウンドボルケーノ    牡3 500万下 1:25.5 +0.1 -0.3   B C
7R D1800 ルグランヴォヤージ    牡4 500万下 1:54.0 +0.9 +0.4   D C
10R D1800 サンライズモール    牡4 梅田S1600 1:52.6 +1.1 +0.6   D D

         

■ワンポイントアドバイス
メンバーランク低下。でも…
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。