Victory Road

ギャルのサンプル動画が見放題!

2011/04/03 (日)
2011年2回阪神4日目

■馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス0秒8だった。まずはここまで9日間の馬場差を振り返っておくと、雨の影響を受けた1回開催の代替5日目を除けば、マイナスの馬場差で大きな動きもない。ただ、実質的に5週目となった先週が最も時計の出やすいレベルとなっていた。
コース替わりの最初の週だった事が大きいと思う。速い時計が出やすい事から、基本的には内の先行馬が有利と考えられる。確かに土曜の重賞2鞍で人気薄の逃げ馬、エーシンジーライン・バイタルスタイルがともに5着と掲示板に載った辺り、その傾向が強いかと思っていたが、土日を通して外からの差し・追い込みも結構決まっていた。タイムランクにSが無い様に、ペースの締まったタイトなレースが多かった事も要因だと思う。残り2週も引き続いてBコースが使用される。
ダート
先週の馬場差1800m対象の数値は土日ともにプラス0秒4だった。まずはここまで9日間の馬場差を振り返っておくと、雨の影響で脚抜きが良くなった1回開催の代替5日目を除けば、プラスの馬場差。特に2回開催に入ってからは、ほとんど変わらない。
やや時計が掛かるなりに安定している。連対脚質に極端な偏りはないが、土曜5R2着のマンテンリューマ、日曜6Rを勝って2戦2勝としたムスカテール、日曜8Rで1着のハイローラーなどインからの差し・追い込みが決まっていた事は覚えておきたい。
馬場差一覧

■タイム分析
2011-04-03  芝=-0.8
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
5R T1800 テンペル    牡3 未勝利 1:47.7 -0.9 -0.2   C C
9R T1400 クリアンサス    牝3 マーガレ 1:20.8 -1.0 -0.4   B D
10R T1800 ストロングリターン    牡5 難波SH1600 1:45.4 -0.5 +0.2   C C
11R T2000 ヒルノダムール    牡4 産経大阪G2 1:57.8 -1.0 -0.2   C B
12R T1600 ブリッツェン    牡5 ダービーHG3 1:33.3 +0.5 +0.7   D D

2011-04-03  ダ=+0.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R D1200 ヒショウ    牡3 未勝利 1:12.9 -0.4 -0.7   A C
2R D1800 ハスラー    牡3 未勝利 1:55.8 +1.1 +0.7   D D
3R D1400 フリーアズアバード    牡3 未勝利 1:26.7 +0.5 +0.2   C D
6R D1800 ムスカテール    牡3 500万下 1:54.9 +1.1 +0.1   C C
7R D1800 ドンドドーン    牡5 500万下 1:54.9 +1.8 +1.4   E C
8R D1400 ハイローラー    牡5 1000万下 1:24.8 +0.6 +0.3   D C

         

■ワンポイントアドバイス
種牡馬の系統と馬体重の関係
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。