Victory Road

DMM.make DISPLAY

2011/04/24 (日)
2011年1回新潟2日目

■馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス0秒1、日曜がプラス0秒7。直線1000m対象の数値は土曜がプラスマイナスゼロ、日曜がプラス0秒3だった。土曜は雨の中レースが行われたが、馬場差は1日を通した数値。そして日曜は天候が回復したが、むしろ日曜の方が時計が掛かっていた点に注意。JRAホームページの馬場情報に野芝の成長については例年より鈍い状況と書かれているが、見た目にも色味の薄い芝でスタートしている。土曜は小雨の降る中でレースが行われた。ただし、レース上がりを見ると極端に渋いコンディションとは思えず、10秒台のラップがザラに混ざっていた。決め手勝負で差し馬が活躍という比率ではあるが、4コーナーのコース取りなどはおおむねインが有利だった。1週前倒しの5週開催となって、全てBコースが使用される。開幕週は芝のレースを土日4鞍ずつに抑えていた点が番組上の特徴だろう。今週以降は1日につき7鞍から8鞍芝のレースが行われる予定ですから、週を追う毎の傾向の変化は出てきそう。
ダート
先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラス0秒1、日曜がマイナス1秒5からマイナス1秒0へと変動した。日曜の馬場差は徐々に時計が掛かるように動いていたが、分けるとすれば1Rから4R、次に6Rと8R、そして10Rと12Rの3グループになる。いずれにしても高速馬場と呼べるレベルの数値。雨が降っていた土曜よりも日曜の方が時計の出やすいコンディションになっていた。連対脚質は強調するものがなく、新潟のオーソドックスと言うべきか、キツめのコーナーで息を入れられる逃げ・先行馬勢がよく絡んでいた。
馬場差一覧

■タイム分析
2011-04-24  芝=+0.7 / 直=+0.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
5R T2000 イイデトウキョウ    牡3 未勝利 2:05.0 +2.9 +1.4   S D
7R T2000 ロックンロール    牡4 500万下 2:00.4 +0.4 -0.3   C C
9R T1000 ミティーク    牝6 500万下 0:56.2 +0.9 +0.6   D D
11R T1600 ラインブラッド    牡5 魚沼S1600 1:34.7 +2.0 +1.4   E C

2011-04-24  ダ=-1.5 → -1.0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R D1200 イケトップクイーン    牝3 未勝利・牝 1:11.4 -1.4 -0.4   B D
2R D1800 スズカルーセント    牡3 未勝利 1:52.8 -1.5 ±0   C E
3R D1200 ミキノコモコ    牝3 未勝利 1:11.7 -1.1 -0.1   C D
4R D1800 ヤマニンクラバット    牡3 未勝利 1:53.8 -0.5 +1.0   E E
6R D1800 タマノリテラシー    牝4 500万下・牝 1:53.4 +0.6 +1.9   E E
8R D1200 クラッチヒット    牡6 500万下 1:10.6 -1.3 -0.4   B D
10R D1800 タカオノボル    牡3 こけもも500 1:52.9 -0.5 +0.5   D D
12R D1200 ジートップキセキ    牡6 十日町H1000 1:10.4 -0.9 -0.2   C C

         

■ワンポイントアドバイス
ポンと勝てる厩舎
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。