Victory Road

アダルト動画

2011/04/24 (日)
2011年3回京都2日目

■馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラスマイナスゼロからプラス1秒4へと変動、日曜がプラス0秒6からプラス0秒9、そしてプラス0秒7へと変動だった。まず土曜は、芝で最初のレースである3R時点で雨の影響を受け、開催初日としては時計の掛かるコンディションだった。その後雨が降り続いて、時計が掛かっていった。土曜日は後になるほど、時計が掛かると覚えていただければ良いが日曜日はちょっと複雑。と言うのは、土曜の後半よりは馬場は乾いて、プラス0秒6でスタートしたものの、7R時には雨が降ってそれまでより時計が掛かった。ただ、日曜の雨は長く続かず、9R以降は7R時よりも若干時計は出やすく、6Rまでに近いレベルに戻っているということ。土日とも逃げ馬の連対はなく、差し馬が届いていた。この辺りは雨の影響だろう。なお、今週は引き続きBコースが使用され、開幕3週目からCコースが使用される。
ダート
先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒7でスタートし、マイナス1秒7、マイナス1秒0、マイナス1秒4へと変動。日曜がマイナス1秒4からマイナス1秒6へと変動した。土曜は1R時点で既に雨の影響を受け、時計は出やすかった。雨が降り続き、6R・7R時はさらに脚抜きが良くなったが、10R時は雨足が強く、時計の出やすいレベルを通り越してしまった。しかし12R時は10R時に比べれば雨もマシになっていた。日曜はそもそも脚抜きの良い馬場だった。芝の7R時に雨が降って、8R・11R時は一層時計が出やすくなっていた。
なお、土曜は逃げ・先行馬の連対が無いというレースは1つもなかった。反面6Rを勝ったセイカプリコーン10Rで2着サウンドアクシスの様に外を回った差し馬も上位に来ていた。先行しないとダメという馬場コンディションではなかった。
馬場差一覧

■タイム分析
2011-04-24  芝=+0.6 → +0.9 → +0.7
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
3R T1800 フレンチボウ    牝3 未勝利 1:49.8 +1.2 -0.1   C C
6R T1600 アストロロジー    牡3 500万下 1:34.8 +0.2 -0.3   B B
7R T2200 トウカイパラダイス    牡4 500万下 2:16.4 +2.6 +0.4   D C
9R T2000 ハートビートソング    牡4 ウインズ1600 1:59.8 +0.7 -0.5   B C
10R T1400 ツルマルレオン    牡3 橘S 1:22.0 +0.6 +0.1   C C
12R T1600 ガンダーラ    牡5 1000万下 1:34.8 +0.9 +0.3   D D

2011-04-24  ダ=-1.4 → -1.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R D1800 ニシノテキーラ    牝3 未勝利・牝 1:53.7 -0.4 +1.0   E E
2R D1200 サクセスリアン    牡3 未勝利 1:12.2 -0.6 +0.3   D E
5R D1800 ピエナオリオン    牡3 500万下 1:51.4 -1.8 -0.4   B D
8R D1400 エーシンポルックス    牡4 500万下 1:24.0 -0.5 +0.7   D D
11R D1800 ゴルトブリッツ    牡4 アンタレG3 1:48.1 -2.1 -0.5 B C

         

■ワンポイントアドバイス
変動、変動、また変動
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。