Victory Road

DMM.make DISPLAY

2011/04/30 (土)
2011年1回新潟3日目

■馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日共にプラス0秒2。直線1000m対象の数値は土曜がプラス0秒4、日曜がプラス0秒3だった。まずここまで4日間は雨の影響を受けて、マイナスの馬場差になった日はない。ただ、東京や京都ほどに推移に大きな動きもない。
開幕週の土曜に雨が降り、その後週半ばも毎日の様に雨量を計測して、木曜に再びまとまった雨だった。さらに土曜にも雨という事で常に水分を含んでいたのが先週の新潟。馬場差は水準に近いが、土曜についてはメインの11R時にはそれまでより時計が掛かっていた。ただ、この11Rは直線1000m。直線1000mの馬場差はそもそも別に表示しているので、土曜の1000mを除く馬場差は終日同じという事になる。特に未勝利戦での逃げ・先行馬の活躍は目につく所だった。内回りの短距離戦でもまだ経済コースを回って来た方が、有利に見えた。1回新潟は5週の開催で、最終週までBコースが使用される。
ダート
先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラス0秒4からマイナス0秒4へと変動、日曜がマイナス0秒3だった。ダートも雨の影響を受けている。良馬場で行われた日はない。ただ、脚抜きが良く、かなり時計が出やすくなったのは2日目だけ。
芝と同様パンと乾くことなく2週目を迎えたダートだが、土曜7Rまではプラスの馬場差。土曜の午後に降った雨の影響から、土曜の9Rそして12Rと段階的に時計は出やすくなり、日曜も若干戻す程度の馬場差だった。特にマイナスゾーンに入ってからの1200m戦では経済コースを突いてくる馬の方が、馬券に絡みやすかった印象。
馬場差一覧

■タイム分析
2011-04-30  芝=+0.2 / 直=+0.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
2R T2200 エメラルターボ    牡3 未勝利 2:16.1 +1.4   C C
3R T1600 リヴァーレ    牝3 未勝利・牝 1:34.9 ±0   C D
5R T1800 アサクサポイント    牡3 未勝利 1:49.1 +1.4   C D
6R T1400 メジロツボネ    牝3 未勝利 1:23.2 +0.7   D D
8R T1200 トウショウフォアゴ    牡4 500万下 1:09.1 +0.1   C C
10R T2000 シャンギロンゴ    牡4 荒川峡特500 2:00.7 +0.7   C C
11R T1000 バイラオーラ    牝5 鏑矢特H1000 0:55.9 +1.0   D D

2011-04-30  ダ=+0.4 → -0.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R D1800 マイネルマルゴー    牡3 未勝利 1:56.6 +2.3   E E
4R D1200 バンブーマンユー    牡3 未勝利 1:13.3 +0.5   C D
7R D1800 ローレルカンタータ    牡5 500万下・若 1:53.6 +0.8   D D
9R D1800 バックトゥジエース    牡4 500万下 1:52.6 -0.2 A D
12R D1200 シャインエフォート    牝5 高田城特500 1:11.3 -0.6   B C

         

■ワンポイントアドバイス
先週のダート1200m
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。