Victory Road

DMM.make DISPLAY

2011/04/30 (土)
2011年2回東京3日目

■馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒8、日曜がマイナス0秒6だった。1週目特に初日は雨の影響で時計が掛かっていたが、先週はマイナスゾーンの馬場差だった。
1週目の様に雨の強い影響を受けなかった。金曜日発表のJRA馬場情報では、先週は火曜と水曜に芝刈りを行ったとありました。発表の草丈も開幕週より短くなっており、風の影響を受けたとは言え、時計の出やすいレベルだった。また、4コーナーでハッキリ外を回ってきても届くと言うコンディション、さらに土曜は5鞍中4鞍、日曜は5鞍中3鞍でペース補正が入っており、そのイメージ通りの瞬発力勝負が多数だった。諸々の要因が重なり、後方待機馬が切れ味を発揮して、占有率を上げていた。今週もう1週Aコースが使用され、その後Bコースに変わる。
ダート
先週の馬場差1600m対象の数値は土曜がプラス0秒8、日曜がプラス0秒9だった。1週目は雨の影響を受け、時間帯によって時計の出方が異なったが、先週は時計の掛かるコンディションだった。
今週も強い風だった。芝以上に影響の度合いが、大きいのがダート戦ということになるが、不定期な超突風にも悩まされつつ開催が行われた。土曜の朝一、つまり朝に散水されてそこそこの時間帯であっても、モワッと砂煙が上がる状況で、週中の微量な雨というのは残っていなかった。開幕週に比べて逃げ・先行勢の活躍は顕著だが、特に土曜は能力差の問題も少なくなかったと見ている。
馬場差一覧

■タイム分析
2011-04-30  芝=-0.8
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
5R T2000 ウィンチェスター    牡3 未勝利 2:00.1 -2.1 -1.3 A D
7R T1600 ミヤビファルネーゼ    牡3 500万下 1:34.5 -0.6 -0.3   B C
9R T2400 タニノエポレット    牡4 陣馬特H1000 2:26.5 +0.3 +0.9   S C
11R T2400 ウインバリアシオン    牡3 青葉賞G2 2:28.8 +2.1 +2.1   S C
12R T1600 マイネプリンセス    牝5 1000万下 1:34.3 +0.1 +0.3   D D

2011-04-30  ダ=+0.8
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R D1400 オメガローズマリー    牝3 未勝利・牝 1:27.6 +1.4 +0.7   D D
2R D1300 アポロノカンザシ    牝3 未勝利 1:20.3 +0.7 ±0   C D
3R D1600 マルブツビアン    牡3 未勝利 1:39.7 +0.2 -0.8   A D
6R D1400 ケイアイヘルメス    牡3 500万下 1:25.9 +0.5 -0.2   C B
8R D1300 シセイオウジ    牡4 500万下 1:19.6 +1.1 +0.4   D D
10R D1400 ピューター    牡4 立夏S1600 1:24.9 +1.4 +0.7   D C

         

■ワンポイントアドバイス
選手権距離の血
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。