Victory Road

巨乳のサンプル動画が見放題!

2011/05/07 (土)
2011年2回東京5日目

■馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒3からプラス0秒1へと変動、日曜がマイナス0秒8だった。まずはここまで6日間の馬場差を振り返っておくと、1週目特に初日は雨の影響で時計の掛かっていくコンディションだった。2週目は時計が出やすくなったが、先週土曜は1週目ほどではないが、雨の影響を受けた。
土曜は朝一からしっとりと雨が降っていた。終日稍重発表ながら、馬場差はマイナス0秒3から5R・6R・7Rとジワジワと水準方向へと時計が掛かっていき、9R・11Rはプラス0秒1で同じ馬場差。しかし日曜は、気温が上昇して一気に馬場が乾き、良馬場発表。この開催3日目に並ぶ、時計の出やすいレベルとなった。ただ、いずれにしても土日ともだが、コレと言う傾向の偏りはなく、脚質・内外などは2週目よりも開幕週に近いイメージだが、後方待機馬がそれなりに占有率を上げては来ている。レース上がりの落ち込みが少なく、良馬場なら今週も時計は出やすいはず。今週からBコースに替わる。
ダート
先週の馬場差1600m対象の数値は土曜がプラス0秒9からプラス0秒4へと変動、日曜がプラス0秒1だった。まずここまで6日間の馬場差を振り返っておくと、雨の影響を受けた日が半数あり、1日の中でも時計の出方が変動している。一方2週目は乾いた馬場で、時計が掛かっていた。
土曜午前はプラス0秒9と時計が掛かっていたが、雨の影響で後半水準方向へと時計が出やすくなった。日曜はさらに水準レベルへと近づいたが、それでもプラスの馬場差なので、脚抜きが良いという程ではなかった。ダートの傾向も無いと言えば無いという格好で、2週目よりは開幕週に近い好位勢を中心としつつ、あとは展開次第という連対馬脚質だった。
馬場差一覧

■タイム分析
2011-05-07  芝=-0.3 → +0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
5R T2400 テンベアハート    牡3 未勝利 2:30.5 +1.9 +1.6   S D
6R T1800 サイレントソニック    牝3 500万下・牝 1:48.1 ±0 +0.2   C D
7R T1600 コスモマクスウェル    牝4 500万下 1:35.9 +1.1 +1.2   E D
9R T1400 シャドークロス    牡6 高尾特H1000 1:21.6 -0.1 -0.2   C C
11R T2000 トーセンレーヴ    牡3 プリンシ 2:01.0 +0.5 +0.4 D C

2011-05-07  ダ=+0.9 → +0.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R D1600 グジョウハチマン    牝3 未勝利・牝 1:41.3 +1.8 +0.9   E E
2R D1400 マコトローゼンボー    牡3 未勝利 1:27.4 +1.2 +0.4   D D
3R D1600 エルヴィスバローズ    牡3 未勝利 1:40.3 +0.8 -0.1   C D
8R D1600 スマイルタイム    牡4 500万下 1:38.1 +0.1 -0.3   B C
10R D2100 フリソ    牡5 丹沢S1600 2:11.7 +1.3 +0.8   D C
12R D1600 マリアージュ    牝6 1000万下・牝 1:38.7 +1.5 +1.1   E D

         

■ワンポイントアドバイス
1枠にご注意
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。