Victory Road

ギャルのサンプル動画が見放題!

2011/05/08 (日)
2011年3回京都6日目

■馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒1、日曜がマイナス1秒0からマイナス0秒6、再びマイナス1秒0へという変動だった。3回京都前半4日間は雨の影響で時計が掛かる日が多かったが、先週は速い時計の出やすいコンディションだった。
土曜はCコースに替わって最初の日、さらに前半2週の様な雨の強い影響は無く、速い時計の出やすいコンディションとなった。日曜は午後の最初のレース、つまり5Rの直前に激しく雨が降り出し、その5Rだけは雨の影響で時計が掛かったので、変動となっている。言い換えると日曜は5R以外2000m換算の馬場差はマイナス1秒0となるという事。連対馬の脚質について、特に目についたのは土曜。前めに位置して内を立ち回った馬、セパレートコースに例えるなら、第1コースから第3コースを通った馬でないとちょっと厳しかった。3回京都は6週の開催で、最終週までこのままCコースが使用される。
ダート
先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒8、日曜がマイナス0秒2からマイナス0秒4、再びマイナス0秒2へという変動だった。ここまで6日間の馬場差を振り返っておくと、雨の影響により全てマイナスの馬場差となっている。
日曜は芝の5R時に雨が降り、ダートでは6Rについてはその影響が残っていたと判断している。従って6Rを除く日曜の馬場差は1800mに換算した数値はマイナス0秒2という事になる。ただ、それでも土日で比較した場合土曜の方が時計が出やすかった事も覚えておいていただきたい。
馬場差一覧

■タイム分析
2011-05-08  芝=-1.0 → -0.6 → -1.0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
3R T1600 エアワンピース    牝3 未勝利・牝 1:36.4 +1.1 +1.9   E D
5R T1400 ペルレンケッテ    牝3 未勝利 1:21.7 -0.8 -0.4   B D
9R T1800 グルヴェイグ    牝3 矢車賞500 1:48.7 +0.9 +0.7   D C
10R T2400 バアゼルリバー    牡5 白川特別1000 2:24.3 -1.8 -1.4   A C
11R T1800 ネオヴァンドーム    牡4 都大路S 1:44.8 -0.5 +0.4   D E

2011-05-08  ダ=-0.2 → -0.4 → -0.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R D1800 ボストンリョウマ    牡3 未勝利 0:00.0 +2.8 +1.7   S D
2R D1400 ケンタッキーロード    牡3 未勝利 1:26.2 +0.5 +0.7   D D
6R D1400 アマノレインジャー    牡3 500万下 1:24.4 -0.5 -0.2   C D
7R D1900 ユニヴァースガイ    牡5 500万下 1:59.9 +0.7 +0.9   E D
8R D1200 プリサイストップ    牡4 500万下 1:12.1 +0.2 +0.3   D D
12R D1900 エイシンダッシュ    牡5 1000万下 1:58.3 -0.1 -0.7 B D

         

■ワンポイントアドバイス
コンディション一変
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。