Victory Road

ギャルのサンプル動画が見放題!

2011/05/21 (土)
2011年3回東京1日目

■馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒4、日曜はマイナス1秒4からマイナス1秒2へと変動した。まずはここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、雨の影響を受けた日もあるが、総じて速い時計の出やすいコンディション。特に前開催3週目から4週目、4週目から先週と開催が進む毎にむしろ時計が出やすくなっているというのが、大きな特徴。
日曜の終盤を除けば、東京は雨の影響を受けなかった事と芝を刈った事で時計はかなり出やすくなっていた。その日曜終盤、つまり11Rのオークスや12Rは雨の影響を受けた。という事で変動という事にした。脚質的には先行もしくは好位を追走している馬の活躍が目立った。レースによっては差し馬も台頭していたが、外から差すのはかなり厳しくて内を通った馬が有利だった。今週からはCコースに替わって、そのまま最終週までCコースが使用される。
ダート
先週の馬場差1600m対象の数値は土曜がプラス0秒4、日曜がプラス0秒2だった。まずここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、雨の影響を受けた日はあってもマイナスの馬場差は無く、時計は掛かっている。また、土曜より日曜の方が時計が出やすくなる傾向が続いている。
先週のプラスの馬場差だった。確かに土曜より日曜の方が時計は出やすくなっているが、土日の差は前開催後半ほどに大きくはなくて、比較的水準寄りだった。なおダートについては、日曜の最後のレースが10R。この時点で雨は降っていたが、時計の出方には影響を及ぼさなかったと推測される。脚質的にはいつもの東京と同じで、前に行った馬が圧倒的に有利だった。よく新聞のコメント欄で東京の長い直線なら、この馬の末脚が活かせる的な話を目にするが、それは大きな間違いで、逆に東京は直線が長い分、スローペースになりやすくて末脚を活かせる可能性は低いと考えるべき。ですから、末脚を活かしたいなら流れが速くなる可能性の高い、小回りに使うべきだと個人的にはそう思う。
馬場差一覧

■タイム分析
2011-05-21  芝=-1.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
3R T1400 ブルースター    牡3 未勝利 1:21.1 -2.0   A C
5R T1800 サマーチェリー    牝3 未勝利・牝 1:47.8 -1.1   C D
6R T1600 ナンヨーオウトー    牡3 未勝利 1:35.0 -0.8   C D
9R T1400 レッドストラーダ    牡3 ガーベラ500 1:20.9 -1.5   B D
10R T2000 ポルカマズルカ    牝5 秩父特別1000 2:00.4 +0.3   S E
11R T1800 ダンツホウテイ    牡6 メイS 1:45.3 -0.3   D D

2011-05-21  ダ=+0.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R D1400 ホワイトアッシュ    牝3 未勝利・牝 1:27.3 +1.1   D E
2R D1600 レオジュピター    牡3 未勝利 1:40.6 +1.1   D C
7R D1600 ファストワーカー    牡3 500万下 1:38.8 +0.2   C C
8R D2100 アサクサマリンバ    牡4 500万下 2:13.3 +1.1   D D
12R D1600 アストレーション    牡5 1000万下 1:37.8 +0.6   C C

         

■ワンポイントアドバイス
日曜の1?4レース
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。