Victory Road

DMM.make DISPLAY

2011/05/22 (日)
2011年1回新潟10日目

■馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒1、日曜がプラス1秒5。直線1000m対象の数値は土曜がプラス0秒1、日曜がプラス0秒4だった。まずはここまでの芝の馬場差を振り返っておくと、雨や風の影響で総じて時計の掛かる開催だった。特に直線1000mは向かい風となり、かなり時計が掛かった日もある。また、7日目については1200mも中距離と時計の出方が比例せず、別個に表示している。
土曜は雨の影響が無くて、直線1000mも含めて水準レベルだった。ただ、日曜は直線1000mを除けば雨の影響でかなり時計が掛かった。なお新潟は連続開催で、今週からは2回開催がスタートする。ただし、2回新潟はトータル3週の開催で、2週目・3週目は全レースダートで行われる。つまり、芝のレースは今週だけという事なので、先週と同じくBコースが使用されての競馬になる。
ダート
先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラス0秒2、日曜がマイナス1秒6からマイナス0秒5へと変動。1200m対象の数値は土曜がマイナス0秒2、日曜がマイナス1秒5→マイナス0秒8へと変動した。まずここまでの馬場差を振り返っておくと、ダートも雨や風の影響で時計の出方が異なる。特に新潟については、いくら水を含んで本来なら脚抜きの良い馬場であっても、風の影響で時計が掛かっていたという日がある。また、3週目以降は1800mと1200mで時計の出方が比例せず、分けて馬場差を表示している。
先週については、時計の出方に関わるほど風の影響は無かったはずだが、それでも1800mと1200mで時計の出方が比例しなかった。そして日曜は1800mも1200mも雨の影響で、前半の方がより時計が出やすくなっていた。
馬場差一覧

■タイム分析
2011-05-22  芝=+1.5 / 直=+0.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
2R T2400 ヴェラシティ    牡3 未勝利 2:29.5 +1.5 -0.3   C D
3R T1400 マイネエレーナ    牝3 未勝利・牝 1:23.6 +1.1 ±0   C C
5R T1800 ストーンヘンジ    牡3 未勝利 1:50.0 +2.3 ±0   C D
6R T1600 ドリームヒーロー    牡4 500万下 1:35.8 +1.9 +0.7   D C
7R T1800 アグネスサクラ    牝5 500万下・牝 1:48.1 +1.6 +0.2   C D
9R T2000 サクラボールド    牡4 500万下 2:02.7 +2.7 -0.1   C D
10R T2200 ケージーカチボシ    牡5 胎内川特500 2:15.7 +2.3 +0.3   C C
11R T1000 セブンシークィーン    牝5 駿風SH1600 0:55.3 +0.8 +0.4   D D

2011-05-22  ダ=-1.6 → -0.5 / 1150m=-1.5 → -0.8
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R D1800 ハクユウサンサン    牡3 未勝利・若 1:52.9 -1.4 +0.2   C D
4R D1200 シゲルトウドリ    牡3 未勝利 1:11.1 -1.7 -0.2   C D
8R D1200 キクノフェーデ    牡4 500万下 1:11.4 -0.5 +0.3   D C
12R D1800 スギノブレイド    セ5 三条特別500 1:52.7 -0.1 +0.4   D D

         

■ワンポイントアドバイス
平穏のち波乱
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。