Victory Road

アダルト 期間限定セール(毎週作品更新)

2011/06/11 (土)
2011年3回阪神3日目

■馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒0、日曜がマイナス1秒3からマイナス0秒7へと変動。まずここまでの馬場差を振り返っておくと、1週目はかなり速い時計の出るコンディション。先週は1週目と比べれば、水準方向に近づいたものの、雨の影響を受けながらも時計の掛かるコンディションにはなっていない。
金曜の夜から本降りとなった雨は、土曜の朝まで続いていて、9時頃に止みかけたが1Rの時には再び激しい雨。その後は止んだ。4Rから8Rまでは稍重、その後9Rから良馬場となったが、馬場差は1日を通して同一だった。雨量からすると道悪必至という感じだったが、実際は稍重から良で馬場差もマイナス1秒0と開幕週ほどではないが、速い時計の出る状態だった。日曜は良馬場で、昼過ぎから雨が降り出したが、最後まで良馬場発表。ただし、馬場差は変動で雨が降っていなかった3Rと6Rはマイナス1秒3、小雨が降っていた8Rはマイナス1秒2、そこから徐々に水準方向に動いて11Rはマイナス0秒7だった。稍重から良へ変化した土曜日は馬場差は変動ではなく、終日発表は良馬場だった日曜が馬場差が変動だったという点が注意点。それから結構な雨が降ったのに、マイナスの馬場差が維持される状態だという事も意識しておきたい。今週からBコースに替わることも踏まえると、今後も開催が進む事によって時計が掛かるという状態は考えにくい。
ダート
先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス2秒2からマイナス2秒7へと変動、日曜はマイナス2秒8だった。まずはここまでの馬場差を振り返っておくと、1週目はまずまず時計の出やすいレベル。先週は雨の影響でかなり速い時計が出るコンディションとなった。
金曜夜から土曜の朝にかけて大量の雨が降って、不良馬場で土曜日はスタート。1R終了後に雨は止み、徐々に乾いて行って11R・12Rは重馬場となった。従って馬場差は変動だが、含水率が高かった1Rから3Rまでがマイナス2秒2、含水率が下がった7R以降がマイナス2秒7。つまり、含水率が下がった後半の方が速い時計が出る状態だった。日曜も土曜の後半と同じく、重馬場だったが少しだけ高速化して馬場差はマイナス2秒8。極限の高速馬場という感じになった。流石に逃げ・先行馬の好走が目立った。ここまで速い時計の争いになると、ある意味ちょっと特殊な馬場コンディションと言っても良いので、言い換えると今回凡走したからと言って評価を下げる事もできないという馬もいつにも増して多いかもしれない。
馬場差一覧

■タイム分析
2011-06-11  芝=-1.0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
4R T2400 クリサンセマム    牡3 未勝利 2:26.8 -1.8 -0.6   B C
5R T1400 プリティアクィーン    牝3 未勝利 1:21.8 -1.0 -0.3   B C
6R T2000 アバウト    牡3 500万下 2:01.7 +0.5 +0.6   D C
8R T1400 ロードロックスター    牡5 500万下 1:21.2 -0.8 -0.1   C C
9R T1600 ハッピーグラス    牝3 あずさ賞500 1:33.9 -0.9 -0.1   C C
10R T2400 シャルルヴォア    牝4 三田特H1000 2:27.4 +1.0 +1.1   S C

2011-06-11  ダ=-2.2 → -2.7
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R D1800 ビーチパレード    牝3 未勝利・牝 1:52.9 -1.6 +0.2   C E
2R D1400 サカジロゴールド    牡3 未勝利 1:25.2 -0.8 +0.9   E E
3R D1800 ゼロセン    セ3 未勝利 1:53.4 -1.1 +1.1   E E
7R D1200 レコメンド    牡4 500万下 1:10.4 -1.9 -0.1   C D
11R D1800 メイショウダグザ    牡5 灘S1600 1:48.7 -2.8 -0.1   C D
12R D1800 エアペイシェンス    牡5 1000万下 1:49.6 -2.7 ±0   C C

         

■ワンポイントアドバイス
今年『も』あおぎりSに注目
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。