Victory Road

DMM.make DISPLAY

2011/06/19 (日)
2011年1回函館2日目

■馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス1秒6だった。昨年8月以来で流石に速い時計が出ていた。
絶好のコンディションで開幕を迎えて土日ともマイナス1秒6。かなりの高速馬場だった。ちなみに昨年の開幕週は雨の影響が少しあったとは言え、マイナス0秒8。その後も昨年の1回函館ではマイナス1秒を超える高速馬場にはなっていなかった。開幕週の函館らしく、前残りの傾向だったが、日曜8Rの様にペース次第では差し・差しという決着もあった。不公平感の無い馬場。2回開催の1週目までこのままAコースが使用される。
ダート
先週の馬場差1700m対象の数値は土日ともにマイナス0秒4だった。
土日とも良馬場だが、マイナス0秒4と少し速めの時計が出る状態。っと言っても特徴の無い平均的な馬場状態だったと思う。函館ダートの普通の馬場、なので前有利であって、勝ち馬は全て4コーナー3番手以内だった。
馬場差一覧

■タイム分析
2011-06-19  芝=-1.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
4R T2000 ヒットザターゲット    牡3 未勝利 2:01.2 -2.2   B C
5R T1200 コスモメガトロン    牡2 新馬 1:09.7 -1.7   A C
8R T1200 ビスカヤ    牝5 500万下 1:09.3 -0.7   D D
10R T2000 アキノカウンター    牡5 湯川特別500 2:01.7 -0.5   C C
11R T1800 ホッカイカンティ    牡6 五稜郭SH 1:47.8 +0.6   S D
12R T1200 テイエムオオタカ    牡3 道新スポ1000 1:08.0 -1.6 B B

2011-06-19  ダ=-0.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R D1700 ネオザスティング    牝3 未勝利・牝 1:48.3 +0.4   D E
2R D1000 ニシノショータイム    牡3 未勝利 1:00.1 +0.1   D D
3R D1700 スズカホープ    セ3 未勝利 1:47.6 -0.3   C D
6R D1700 フラアンジェリコ    牡3 未勝利 1:47.3 -0.6   C D
7R D1000 タピルージュ    牝5 500万下 0:59.8 +0.5   E D
9R D1700 オースミレジスタ    牡4 500万下 1:45.5 -1.1   B C

         

■ワンポイントアドバイス
降級馬買うならダート1700m
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。