Victory Road

DMM.make DISPLAY

2011/06/26 (日)
2011年4回阪神4日目

■馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス1秒5だった。まず3回開催を含めて、8日間の馬場差を振り返っておくと、雨の影響を受けた日もあったものの、ほとんどはマイナス1秒台の速い時計の出やすいコンディションあった。なお、関西エリアでは今週から4回京都開催が4週間の日程で行われる。
先週も雨の影響を受けなかった訳ではないが、それでも馬場差はマイナス1秒5。3回阪神の1週目と0秒1しか違わない数値となった。土曜の深夜と日曜のレース中に雨が降ったが、時計の出方に影響を及ぼす事はなく、土曜と同じ日曜もマイナス1秒5だった。そして3回阪神と4回阪神合わせて4週行われたが、良馬場でなくてもマイナス1秒前後。良馬場ならマイナス1秒5前後と4週にわたって高速馬場が続いた。先週は差しがかなり届いていたという印象だが、ハイペースと言うかペースが緩まない競馬が多かった事が影響していて、所謂外差しの馬場になっていた訳ではない。
ダート
先週の馬場差1800m対象の数値は土日ともにマイナス0秒5だった。まずはここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、週によって時計の出方は異なるが、良馬場で行われた3回阪神の1週目と先週はマイナス0秒6かマイナス0秒5。雨の影響を強く受けた3回阪神の2週目・4回阪神の1週目はマイナス2秒台とかなり時計の出やすいレベルだった。
日曜の午後に雨が降ったが、時計の出方に影響を及ぼす程ではなく、従って変動ではなかった。逃げ・先行馬の活躍が目立ったが、芝とは逆に先週のダートは落ち着いた流れのレースが多かった事も影響している。
馬場差一覧

■タイム分析
2011-06-26  芝=-1.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
4R T2400 アーセナルゴール    牡3 未勝利 2:25.6 -3.0   A C
5R T1400 ニンジャ    牡2 新馬 1:22.5 -1.0   C C
8R T1600 フラッパーウィング    牝4 南港特別500 1:33.4 -1.2   C B
10R T2000 マゼラン    牡6 尼崎S1600 2:01.8 +2.3   S C
11R T2200 アーネストリー    牡6 宝塚記念G1 2:10.1 -1.7   C B
12R T1200 ツルマルネオ    セ5 ゆうきH1000 1:08.4 -0.5   D C

2011-06-26  ダ=-0.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R D1800 アフォリズム    牝3 未勝利・牝 1:54.9 +0.4   E D
2R D1200 ケイオーレデイ    牝3 未勝利 1:13.6 +0.5   E D
3R D1800 エアラギオール    牡3 未勝利 1:53.7 -0.8   C E
6R D1800 エーシンバリントン    牡3 500万下 1:52.2 -0.9   B D
7R D1400 ウィキマジック    牡3 500万下 1:23.9 -1.0 B C
9R D1400 シゲルソウサイ    牡3 皆生特別1000 1:23.6 -0.6   C C

         

■ワンポイントアドバイス
宝塚記念のラップ
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。