Victory Road

DMM.make DISPLAY

2011/07/10 (日)
2011年1回函館8日目

■馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス1秒0だった。まずはここまで8日間の芝の馬場差を振り返っておくと、ジワジワ時計が掛かって来てはいるが、8日間を通じてマイナス1秒台の馬場差。
金曜から土曜の朝にかけて断続的に雨が降っていたが、土曜は朝から良馬場。さらに11Rは小雨が降る中でのレースだったが、馬場差は1日を通じて同一だった。雨の影響なのか、開催進行による自然な変化なのかあるいはその両方なのか、それはわからないが3週目より水準方向に動いた。土曜の夜にも少し雨が降ったが、それによって土日で馬場差が異なるという事はなかった。今週もう1週Aコースが使用され、来週からBコース使用となる。
ダート
先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がマイナス0秒7、日曜がマイナス0秒4だった。まずはここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、週によってあるいは日によって若干時計の出方が異なるものの、マイナス0秒7からマイナス0秒4の間での推移で、大きな動きは無かった。
金曜夜から土曜朝にかけての雨が影響して、土曜はマイナス0秒7とやはり雨の影響が残っていた3日目の前半と同じ馬場差となった。日曜は乾いて、水準方向に動き、マイナス0秒4。これは今開催の標準的な馬場差となった。
馬場差一覧

■タイム分析
2011-07-10  芝=-1.0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
3R T1800 ショウナンマハ    牝3 未勝利 1:50.2 -0.2   D D
5R T1200 ニシノカチヅクシ    牡2 新馬 1:10.6 -0.8   C D
8R T1200 ドリームピーチ    牝4 500万下 1:09.6 -0.4   C D
10R T2000 ヒットザターゲット    牡3 陸奥湾特500 2:01.7 -0.5   D D
11R T1800 マイネルスターリー    牡6 巴賞 1:48.9 +1.7   E D
12R T2600 トパンガ    牡5 北海H1000 2:41.8 -0.1   D C

2011-07-10  ダ=-0.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R D1000 ハマノヴィグラス    牡2 未勝利 1:00.4 -0.1   C D
2R D1700 タイトロープ    牡3 未勝利 1:48.1 +0.2   D E
4R D1700 ヤマチョウフェア    牡3 未勝利 1:47.8 -0.1   C D
6R D1000 エベレストオー    牡4 500万下 0:59.2 -0.1   C D
7R D1700 セトノメジャー    牡4 500万下 1:45.3 -1.3 A D
9R D1700 セイプロスペリティ    牡3 500万下 1:47.1 +0.5   E D

         

■ワンポイントアドバイス
プレシャスジェムズとペース
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。