Victory Road

ギャルのサンプル動画が見放題!

2011/07/10 (日)
2011年4回京都8日目

■馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス0秒9だった。まずはここまでの馬場差を振り返っておくと、先週は開幕週に比べ、やや掛かっているとは言え、それでも4日間を通じ速い時計の出るレベル。西では後2週京都で開催され、その後小倉に舞台を移す。
雨の影響が残って土曜の早朝は稍重という発表だったが、11時過ぎに良馬場となり、結局芝のレースは全て良馬場で行われた。とは言え、馬場差はマイナス0秒9と開幕週より水準方向に動いた。3回京都の後半が道悪だった影響が残っているのが内側。特に向正面の内側が荒れていて、特に土曜の後半あるいは日曜は外を通る差し馬の好走が目立った。
ダート
先週の馬場差1800m対象の数値は土日ともにマイナス0秒1だった。まずはここまでの馬場差を振り返っておくと、先週は開幕週に比べ水準に近づいたが、4日間を通じて見ると大きく数値が動いたと言う程ではない。
土曜日の1Rから3Rまでが稍重で、7R以降は良馬場だが馬場差は1日を通して同一。なおかつ土日を通じても同一だった。馬場差マイナス0秒1と開幕週よりは水準方向に動いた様に、土曜の時点で稍重だった事はほとんど影響していない。
馬場差一覧

■タイム分析
2011-07-10  芝=-0.9
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
6R T1400 プレノタート    牝2 新馬 1:22.9 -0.1 +0.3   D C
7R T2000 コスモディセント    牡3 未勝利 2:02.6 +0.8 +0.8 D B
9R T1600 ドリームカトラス    牡4 一乗寺特500 1:33.9 -0.6 +0.1   C B
10R T2200 レッドスパークル    牡4 比良山H1000 2:13.3 +0.2 +0.3   C C

2011-07-10  ダ=-0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R D1200 アンティークカラー    牝3 未勝利・牝 1:12.9 +0.2 +0.3   D D
2R D1800 エアポートメサ    牡3 未勝利 1:54.6 +0.7 +0.8   D D
3R D1400 ミッキーホワイト    牡3 未勝利 1:25.6 +0.1 +0.2   C D
5R D1200 キクノストーム    牡2 新馬 1:13.3 -0.1 ±0   C C
8R D1800 ブルロック    牡4 500万下 1:52.1 -0.5 -0.4   B C
11R D1400 シルクフォーチュン    牡5 プロキオG3 1:22.1 -0.3 -0.2   C C
12R D1200 サミットストーン    牡3 500万下 1:11.8 -0.1 ±0   C C

         

■ワンポイントアドバイス
外差し始まりました
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。