Victory Road

巨乳のサンプル動画が見放題!

2011/07/17 (日)
2011年4回京都6日目

■馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス1秒0だった。まずここまで6日間の馬場差を振り返っておくと、雨の影響で週によって多少の違いはあるにせよ、速い時計の出やすいコンディションが続いている。
まずコース取りについて。先々週、つまり開催2週目の時点で外差しが優勢になっていた様に、馬場の内目は荒れて来ていた。つまり、同じDコース使用で3週目となれば一層外差しが顕著になるであろうと、予想された。ただ、そもそも直線入り口で内を避けるジョッキーが多く、土曜午後になると先行馬でさえも、内を避けており、顕著な例は逃げ・先行で決まった土曜7Rの1200m戦。直線入り口で2頭ともに外へと出されて、そのまま決まっていた。つまり、外を回った差し馬が目立つと言うよりも、多くの馬が外に進路を取るという状況になっていた。ただ、この様に荒れたコンディションであっても、時計は速いという点も忘れてはいけない。
ダート
先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒4、日曜がマイナス0秒2だった。まずはここまで6日間の馬場差を振り返っておくと、時計の出方は一定と言う程ではないが、マイナス0秒4からマイナス0秒1の間での推移で、大きな動きはない。
通常は先行馬有利な傾向にある京都のダートだが、今開催は差し馬の連対が目立っている。先週も、緑そして青の差し・追い込み馬が結構連対している。
馬場差一覧

■タイム分析
2011-07-17  芝=-1.0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
5R T1200 ナオミノユメ    牝2 新馬 1:10.6 +0.1   E D
6R T1800 モエレプレミア    牡3 未勝利 1:46.8 -1.6   B C
9R T2000 エクスペディション    牡4 木屋町特500 1:59.6 -1.0 C C
10R T1800 シースナイプ    牝4 聖護院特1000 1:46.9 +0.2   C B
12R T1200 ディアブラーダ    牡4 500万下 1:08.5 -0.6   C C

2011-07-17  ダ=-0.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R D1800 オークヒルパーク    牝3 未勝利・牝 1:54.4 +0.5   D E
2R D1800 サイキョウイシヤマ    牡3 未勝利 1:54.0 +0.1   C D
3R D1400 オーシャンパワー    牡3 未勝利 1:26.1 +0.6   E C
7R D1900 ボーカリスト    牡5 500万下 2:00.3 +1.1   E D
8R D1200 マルカバッケン    牡4 500万下 1:11.5 -0.4   B B
11R D1800 ニホンピロアワーズ    牡4 祇園S 1:50.5 +0.3   D D

         

■ワンポイントアドバイス
6ヶ月半ぶりの勝利
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。