Victory Road

アダルト 期間限定セール(毎週作品更新)

2011/07/23 (土)
2011年2回函館3日目

■馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒0、日曜がマイナス0秒9だった。まずはここまで8日間の芝の馬場差を振り返っておくと、2回開催に入って1週目は雨の影響で時計が掛かったが、それ以外の週は時計の出やすいコンディション。
昨年の教訓もあって、やはりBコース替わりの影響は大きく、前開催最終週のレベルまで馬場差を戻したのが先週の芝。とは言え、今後はジワジワと時計の掛かる傾向になるだろう。函館記念がインを回ってきた2頭で決着しているが、短距離戦はより密集した状態からの追い比べになりやすく、ごちゃつき不利を被る馬も何頭か居た。小回りなりの前めの位置取りが好走条件となっていた。
ダート
先週の馬場差1700m対象の数値は土日ともにマイナス0秒2だった。こちらもまずここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、全てマイナスの馬場差で特に2回開催開幕週は雨の影響により、かなり時計が出やすくなった。一方先週はマイナスゾーンとは言え、今年の函館では最も掛かっていた。
2回函館1週目の日曜に当たる7/17から全く雨が降らずに迎えた2週目。前開催の良馬場における、言わば基準的な値がマイナス0秒4ぐらいでしたから、乾燥度合いが影響したと思えば、そう見えるマイナス0秒2だろうか。ダート12鞍で逃げた馬が9連対とハイアベレージを残した週でもあった。
馬場差一覧

■タイム分析
2011-07-23  芝=-1.0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
3R T1200 カリステジア    牝3 未勝利 1:09.6 -1.1 -0.5   B D
5R T1200 ファインチョイス    牝2 新馬 1:10.3 -1.1 -0.5 B C
6R T2000 アンサンブル    牝3 未勝利 2:02.5 -0.9 +0.1   C C
9R T1200 クリノスレンダー    牝5 500万下 1:09.4 -0.6 ±0   C C
10R T2600 フミノヤマビコ    牡4 横津岳特500 2:44.0 +1.4 +2.1   S C
11R T1200 レジェトウショウ    牝5 TVh杯1600 1:08.7 -0.5 +0.1   C C

2011-07-23  ダ=-0.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R D1000 リプレイスインディ    牡2 未勝利 1:00.4 -0.1 ±0   C D
2R D1700 トーホウガーデン    牝3 未勝利・牝 1:48.4 +0.5 +0.7   D E
4R D1700 ミステリートレイン    牡3 未勝利 1:47.5 -0.4 -0.2   C D
7R D1000 エイシンフルハート    牡4 500万下 0:59.1 -0.2 -0.1   C D
8R D1700 ブルーソックス    牡4 500万下 1:47.1 +0.5 +0.7   D C
12R D1000 エベレストオー    牡4 噴火湾特1000 0:59.2 +0.5 +0.6   D D

         

■ワンポイントアドバイス
荒れるものは荒れる…高齢馬編
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。