Victory Road

ギャルのサンプル動画が見放題!

2011/07/24 (日)
2011年4回京都8日目

■馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス0秒8からプラス0秒1へと変動、日曜がマイナス0秒4だった。なお、西では今週から開催場は小倉に替わる。まずは4回京都芝の馬場差を振り返っておくと、3週目までは雨の影響を受けた日はあっても、速い時計が出ていたが、最終週の先週特に土曜日は時計が掛かった。
金曜深夜から土曜未明の雨の影響が残って、特に土曜1R時点では時計の掛かるコンディションだった。同じ土曜でも午後になると馬場が乾いて、水準レベルに近づいたがプラスの馬場差。日曜は土曜よりも乾いたが、それでも3週目までと比較すれば時計は掛かっていた。コース取りについては基本的には3週目と似ていた。つまり、前の馬でさえ4コーナーで外を回って後続はさらに外を回って追い上げるというパターンが目についた。
ダート
先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス1秒5からマイナス1秒0へと変動、日曜がマイナス0秒5だった。まずはここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、全てマイナスゾーンで特に先週土曜は雨の影響により、時計が出やすくなった。
土曜は雨の影響が残って、この開催では最も時計の出やすい日となった。特に午前中はマイナス1秒5でかなり脚抜きの良いレベル。後半乾いて行ったとは言え、それでもマイナス1秒台だった。土曜の前半戦は下級条件とは言え、3着馬まで広げて見るとやはり前残りの印象が強かった。
馬場差一覧

■タイム分析
2011-07-24  芝=-0.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
5R T1200 ゴーイングパワー    牡2 新馬 1:10.3 -0.2 -0.2   C C
6R T2000 トーホウストロング    牡3 未勝利 2:02.9 +1.1 +0.8   D D
9R T2200 アーセナルゴール    牡3 賤ヶ岳特500 2:14.9 +1.1 +0.8   D C
11R T1400 タマモナイスプレイ    牡6 安土城S 1:22.0 +1.7 +1.2   E E
12R T1400 ユメノキラメキ    牝4 500万下 1:21.6 -0.2 ±0   C C

2011-07-24  ダ=-0.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R D1200 フランベルジェ    牡2 未勝利 1:13.8 +0.6 +0.9   E D
2R D1800 ヤマニンレジェール    牝3 未勝利・牝 1:54.3 +0.4 +0.9   E E
3R D1200 キングウェリナ    牡3 未勝利 1:12.8 +0.1 +0.4   D D
4R D1900 メイショウカルロ    牡3 未勝利 2:00.2 -0.4 +0.1   C D
7R D1800 サンヴァンサン    牝4 500万下・牝 1:51.9 -0.7 -0.5   B D
8R D1400 タイムズアロー    牡3 500万下 1:24.5 ±0 +0.4   D C
10R D1200 フィールドシャイン    牡4 長浜特別1000 1:11.2 -0.1 +0.2   C B

         

■ワンポイントアドバイス
小倉で思い起こしたい適性
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。