Victory Road

アダルト動画

2011/09/11 (日)
2011年2回札幌2日目

■馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス0秒4、日曜がプラス0秒5だった。連続開催なので、まずはここまでの芝の馬場差を振り返っておく。前開催の前半2週目までは、速い時計の出やすいコンディション。3週目は水準レベルに近づき、4週目は雨や風の影響で時計が掛かった。
良馬場発表で初めてプラスの数値になった。対策しようと言っても極端な内有利にはならず、ペースにもよるが、むしろ外差しの感もあった。あと3週、今週までがBコースで残り2週はCコースだが、コースが替わってもさらに時計を要してくる事が考えられ、芝刈りやローラーなどどこまで歯止めがかかるかが焦点になりそう。
ダート
先週の馬場差1700m対象の数値は土日ともにプラス1秒1だった。こちらもまずここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、前開催3週目までは水準かあるいはやや時計の掛かるレベル。4週目はマイナスゾーンに入ったが、先週は一気にプラス1秒台となった。
前開催から雨の影響を受けない良馬場では、水準か少々掛かる程度で推移していたが、先週は土日ともに俄然時計の出方が鈍くなった。見た目かなりパサパサして見える。これに伴ってか、土日を通してマクりや差しがよく決まっていた。
馬場差一覧

■タイム分析
2011-09-11  芝=+0.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
3R T1200 プラネット    牝3 未勝利 1:11.2 +0.7 +0.4   D D
5R T1800 レッドアーヴィング    牡2 新馬 1:53.1 +2.0 +0.6   D C
7R T1800 アルマトゥーラ    牡4 500万下 1:49.5 +0.3 -0.2   C D
9R T1200 マンゴプディング    牝4 500万下 1:10.2 +0.4 +0.1   C D
10R T1800 レジェンドブルー    牝5 おおぞら1000 1:50.6 +2.1 +0.8   D D
11R T1500 レッドエレンシア    牝3 UHB賞1000 1:30.5 +1.5 +0.7   D C

2011-09-11  ダ=+1.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R D1700 マイネルエトランゼ    牡2 未勝利 1:50.4 +2.3 +1.2   E E
2R D1700 アドマイヤジャコモ    牡3 未勝利 1:48.8 +1.6 +0.5   D E
4R D1000 シェアースマイル    牝2 500万下 1:00.4 +0.7 +0.1 C D
6R D2400 トリノ    牡3 500万下 2:36.9 +2.2 +0.6   D E
8R D1700 スマートイーグル    牡4 500万下 1:46.7 +0.8 -0.3   C D
12R D1700 サクラエクスプロー    牡4 釧路湿原500 1:47.8 +1.9 +0.2   C C

         

■ワンポイントアドバイス
熾烈かつ楽しみ ダイワメジャー対アドマイヤムーン
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。