Victory Road

巨乳のサンプル動画が見放題!

2011/10/15 (土)
2011年4回東京4日目

■馬場コメント
先週は土曜が4日目、日曜が5日目の開催だった。先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス0秒1、日曜がプラス0秒3だった。まずここまでの馬場差を振り返っておくと、3日間開催だった1週目の中で土日は速い時計の出やすい馬場だったが、3日目は雨の影響で最初の2日間よりは時計が掛かり、先週も雨でさらに時計が掛かった。
金曜の夜から雨が降って、土曜日は稍重だった。その土曜日も降ったりやんだりで馬場は回復せず稍重のままだった。強い南風が吹いていたが、東京競馬場の南風は向正面からスタンドに向かう風なので、タイムに影響はなかったはず。そして日曜日の明け方にも雨が降って、日曜日は重馬場でスタートとなった。気温は高くて7R以降は稍重に回復したが、稍重に近い重馬場から重に近い稍重に変化したというモノで、馬場差は変動ではなく一定だった。土曜よりさらに時計が掛かる馬場となった。馬場が乾いていく時の東京芝は内が有利というのが、長らく定説になっていたが、芝の刈り方とかちょっと変わった様で、むしろ逆だった。特に日曜日は外からの差しがかなり目立っていた。今週までAコースで、4週目からBコースに移る。
ダート
先週の馬場差1600m対象の数値は土曜がマイナス0秒5からプラスマイナスゼロへと変動、日曜がマイナス0秒3だった。まずはここまでの馬場差を振り返っておくと、初日・2日目は少し時計の掛かるコンディションだったが、それに比べ3日目以降は雨の影響でやや時計が出やすくなっている。ただし、高速馬場というレベルではない。
金曜夜からの雨で、土曜日は終日稍重だったが、徐々に乾いて行ったので馬場差は変動。最後のプラスマイナスゼロの10Rの時点では1週前の月曜日と同じくらいだった。その後も雨が降って、日曜日は重馬場でスタートして、12Rだけ稍重だが馬場差は変動ではない。馬場発表が一定だった土曜日は馬場差は変動で、馬場発表が変わった日曜日は逆に変動ではないという点が注意点。
馬場差一覧

■タイム分析
2011-10-15  芝=+0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
2R T1400 マイネルモーヴ    牡2 未勝利 1:25.3 +1.9   E E
3R T1600 フェスティヴタロー    牡2 未勝利 1:36.4 +0.3   C D
4R T2000 スピルバーグ    牡2 新馬 2:08.2 +5.4   S D
7R T1600 ヒカルハナミチ    牡4 500万下 1:35.0 +0.2 B C
8R T1800 ステラロッサ    牡3 昇仙峡特1000 1:48.0 +1.0 D C
11R T2000 トーセンレーヴ    牡3 アイルラ 2:00.6 +1.9   E D
12R T1400 カトルズリップス    牝3 1000万下 1:21.9 +0.2   C D

2011-10-15  ダ=-0.5 → ±0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R D1600 マイネルハーシェル    牡2 未勝利 1:39.2 -0.8   B E
5R D1600 ナンヨークイーン    牝5 500万下・牝 1:37.9 -0.1   C E
6R D1400 ジャーグラット    牡3 500万下 1:25.5 +0.6   E D
10R D2100 パールシャドウ    牝5 秋嶺SH1600 2:11.5 +1.1   E C

         

■ワンポイントアドバイス
重賞を経験した3歳馬
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。