Victory Road

DMM.make DISPLAY

2011/10/23 (日)
2011年4回東京7日目

■馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス1秒0からプラス2秒4へと変動、日曜がプラス0秒2だった。まずここまで7日間の馬場差を振り返っておくと、1週目の土日は速い時計の出る馬場だったが、2週目・3週目とプラスの馬場差。特に先週土曜日は時計が掛かっていた。
金曜の夜から土曜の朝までまとまった量の雨が降って、土曜日は重馬場でスタート。さらに2Rから4Rにかけてかなり大雨が降って、4R以降は不良馬場。当然馬場差は変動で、2Rがプラス1秒0、3Rがプラス1秒8、4R以降は全てプラス2秒4。午後もパラパラと雨が降ったりやんだりだったが、時計の出方に影響を与える程のものではなく、4Rから11Rまではプラス2秒4で一定だった。土曜の夕方から日曜にかけては雨は降らず、日曜日は重馬場でスタートで8R以降稍重だが、2Rの時点でも稍重に近かった様で、日曜は変動ではなく終日プラス0秒2。つまり、同じ重馬場でも土曜の2R・3Rと日曜の2R・5Rではかなり馬場差がかなり異なるので、注意が必要。
土曜は完全な道悪馬場という馬場で、所謂道悪血統の好走が目立った。また、土曜の2Rはあまり外伸びじゃなかったが、その土曜2Rを除くと外が伸びる馬場。ただ、今週からBコース使用なので、内側の傷んだ部分が仮柵の内側に入る。という事で今週も外が伸びるとは思わない方が良いだろう。
ダート
先週の馬場差1600m対象の数値は土曜がマイナス2秒3でスタートし、マイナス1秒5、そしてマイナス1秒8へと変動。日曜がマイナス1秒0からマイナス0秒3へと変動した。まずはここまで7日間の馬場差を振り返っておくと、1週目・2週目は水準を境にして大きな動きではなかったが、先週の特に土曜は時計の出やすいコンディションとなった。
金曜夜から土曜朝までの雨で、土曜は不良馬場でスタート。不良と言っても1Rの時点では水が浮いたままではなく、馬場差マイナス2秒3という超高速馬場だったが、2Rから4Rにかけて降った大雨で水が浮いてしまい、5R以降は1Rよりは時計の掛かる馬場。さらにその後徐々に水が引いていったので、5Rと6Rはマイナス1秒5、9Rと10Rがマイナス1秒7、12Rがマイナス1秒8とほんのちょっとだが、微妙に変動となった。所謂V字型の変動なのでチェックしておいてもらいたい。日曜は土曜よりも含水率が下がり、終日重馬場だったが、徐々に乾いて行ったので馬場差がまた変動だった。1Rがマイナス1秒0で徐々に水準方向に動いて11Rはマイナス0秒3。特殊な馬場だったと言える土曜は、4コーナー先頭から2番手の馬が1頭は2着以内に入っていた。という事で前残り傾向ではあったが、10Rと12Rの勝ち馬は差し・追い込み。実はこの土曜日ってダートほとんど上位人気の馬しか好走していないが、要するに馬場が特定の脚質の馬に向いていたと言うよりも、力のある馬が普通に来ていたということだった。
馬場差一覧

■タイム分析
2011-10-23  芝=+0.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
2R T1600 ハッピーシャワー    牝2 未勝利 1:36.4 +0.3 +0.1   C D
5R T1400 ダイワインスパイア    牡2 新馬 1:22.6 -1.0 -1.1 A C
8R T1400 ジェネスサンキュー    牡3 500万下 1:22.4 +0.2 ±0   C C
9R T2400 マナクーラ    牡5 八神峰特1000 2:29.3 +3.1 +2.1   S D
10R T1800 モンテエン    牡4 甲斐路S1600 1:50.1 +3.8 +2.3   S B
12R T1600 フェイマステイル    牡5 1000万下 1:35.0 +0.8 +0.6   D D

2011-10-23  ダ=-1.0 → -0.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R D1400 ラブリースター    牝2 未勝利 1:25.6 -0.8 +0.1   C D
3R D1600 ミリオンヴォルツ    牡2 新馬 1:39.6 -0.7 +0.1   C C
6R D1600 ドリームザネクスト    牡4 500万下 1:36.8 -1.2 -0.7   B C
7R D1300 タマモワルツ    牝4 500万下・牝 1:18.3 -0.2 +0.2   C D
11R D2100 インバルコ    牡5 ブラジルH 2:10.1 +0.6 +1.0   E D

         

■ワンポイントアドバイス
道悪血統
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。