Victory Road

巨乳のサンプル動画が見放題!

2011/10/23 (日)
2011年5回京都6日目

■馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は、土曜がマイナス1秒3、日曜がマイナス0秒6からマイナス1秒3へと変動だった。ここまで6日間の馬場差を振り返っておくと、1週目はかなり速い時計の出やすいコンディション。2週目・3週目は雨の影響で1週目と比較すれば時計は掛かっているものの、それでも時計の出やすいコンディションが維持されている。
金曜から土曜の朝にかけて雨が降って、土曜日は稍重スタートで9R以降良馬場だが、馬場差は一定だった。マイナス1秒3と速い時計が出る状態だった。そして土曜の11R前から小雨が降って、そのレースの後12Rまで大雨が降った。土曜の芝は10Rまででしたから、その雨影響を直接は受けていないが、日曜日にその影響が残って、日曜日はまた稍重でスタート。そして8R以降は良馬場で日曜の馬場差は変動だった。3Rがマイナス0秒6、そこから徐々にマイナス方向に動いて11Rはマイナス1秒3と土曜と同じ所まで戻った。相変わらず外を回ると厳しい馬場状態で、今週も引き続きAコース。そろそろ内が傷んで来るんじゃないかなと思える頃だが、この様子だとたぶん今週もまだ内が有利だと思う。
ダート
先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒8でスタートし、マイナス0秒6、そしてマイナス1秒9へと変動。日曜がマイナス0秒9からマイナス0秒4へと変動した。ここまで6日間の馬場差を振り返っておくと、1週目はプラスの馬場差だったが、2週目以降は雨の影響もありマイナスの馬場差。3日目はかなり時計の出やすい馬場、4日目以降は全て変動となっているので時計を比較する際には注意。
金曜から土曜の朝にかけての雨の影響で土曜は稍重でスタート。ただ、4R障害戦だが直線ダート、そこを見ているともうその時点でかなり乾いているのがわかった。で、7R以降は良馬場に回復。そして11Rの前から小雨が降り始めてその11Rの後から12Rまで大雨が降って、12Rは重馬場まで行ってしまった。フロントページでもちょっと言っていたが、1日の間に稍重→良→重と変化する大変忙しい1日だった。当然馬場差は変動で、1Rはマイナス0秒8、馬場が乾いた6R以降11Rまではマイナス0秒6で、一気に重馬場になった12Rはマイナス1秒9。かなり高速化した。そして土曜後半の大雨の影響が残って、日曜日は7Rまで重馬場のまま。という事でまた馬場差が変動で、1Rと2Rがマイナス0秒9で、そこから徐々に水準方向に動き、稍重となった12Rはマイナス0秒4だった。前残りの決着が多かったが、京都のダートはこれが普通でして、先週の馬場状態によってこういう結果になったという訳ではないと思う。
馬場差一覧

■タイム分析
2011-10-23  芝=-0.6 → -1.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
3R T2000 ブライトライン    牡2 未勝利 2:01.9 -0.4   C C
5R T1800 レッドエクスプレス    牡2 新馬 1:52.1 +2.9   S C
8R T1200 ヴェアデイロス    牡2 かえで賞500 1:08.9 -0.7   C D
9R T1600 エーシンハーバー    牝3 三年坂特1000 1:33.2 -0.7   C B
10R T1200 ナイアード    牝5 桂川S1600 1:08.4 +0.1   E C
11R T3000 オルフェーヴル    牡3 菊花賞G1 3:02.8 -3.0   A C

2011-10-23  ダ=-0.9 → -0.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R D1200 マウンテンファスト    牡2 未勝利 1:12.5 -0.6   C D
2R D1800 コウエイチャンス    牡2 未勝利 1:54.3 -0.3   D D
4R D1200 ナガラオリオン    牡2 新馬 1:11.7 -1.6 A D
6R D1400 ロングロウ    牡4 500万下 1:24.4 -0.1   D C
7R D1900 テイエムドンマイ    牡3 1000万下 1:58.5 +0.1   D D
12R D1800 トウショウフリーク    牡4 京都クラ1600 1:50.3 -0.7 C C

         

■ワンポイントアドバイス
やはり京都芝1800m
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。