Victory Road

DMM.make DISPLAY

2011/10/30 (日)
2011年5回新潟6日目

■馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒2、日曜がマイナス0秒1。直線1000m対象の数値は土日ともにマイナス0秒1だった。まずここまで6日間の芝の馬場差を振り返っておくと、1週目は雨の影響でやや時計が掛かっていた。その後3日目は時計が出やすく、4日目以降は水準レベル。直線1000mは3日目以降は水準レベルとなっている。
見た目に全体的に黒くなって来たが、まだ馬場差はマイナスでよく持ちこたえている様に思う。内側から真ん中辺りまで、半分以上黒くなっているので、こうなると内を通ると厳しいとは言えなくて、どこを通っても大して変わりないよう。この後まだ3週連続でAコース使用、馬場差はプラス方向に動いて行くはず。
ダート
先週の馬場差1800m対象の数値は、土日共にプラスマイナスゼロ。1200m対象の数値は土日ともにマイナス0秒3だった。こちらもまずここまで6日間の馬場差を振り返っておくと、週によってあるいは土日でも時計の出方は異なるが、1800mよりも1200mの方が総じて時計が出やすくなっている。
1点目は相変わらず1200mと1800mの時計の出方が比例しないという事だが、馬場状態そのものは今開催の標準的なモノだった。土曜の8R、これは差し馬が上位を占めたが、他は4コーナー先頭か2番手の馬が1頭は2着以内に入っていて、新潟ダートらしく先行有利だった。
馬場差一覧

■タイム分析
2011-10-30  芝=-0.1 / 直=-0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R T1600 カネトシカトリーヌ    牝2 未勝利 1:37.0 +1.9 +1.3   S D
6R T1200 サクセスゴーランド    牝4 500万下 1:09.7 +0.7 +0.8   E C
8R T1000 キッズチェイサー    牝3 500万下・牝 0:54.9 -0.4 -0.3   B E
10R T2400 コスモロビン    牡3 雨飾山特500 2:25.9 -0.6 -0.5   B C
11R T1800 エスピナアスール    牝4 亀田特別1000 1:46.8 +1.0 +1.1   E C
12R T1600 ノーブルディード    牡3 海老ヶ瀬500 1:34.3 +0.4 +0.5   D C

2011-10-30  ダ=±0 / 1150m=-0.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
2R D1200 ヤマニンアストレア    牝4 500万下・牝 1:11.3 -0.6 -0.3 B D
3R D1200 ヤマニンラレーヌ    牝3 500万下 1:11.4 -0.5 -0.2   C D
4R D1800 ユジェニックブルー    牡4 500万下 1:53.3 +0.5 +0.5   D D
5R D1200 キングオブロー    牡2 新馬 1:13.5 +0.2 +0.5   D D
7R D1800 メイショウサリマン    牡3 500万下・若 1:53.1 +0.3 -0.2   C D
9R D1800 リラティビティ    牡5 500万下 1:54.0 +1.2 +1.2   E D

         

■ワンポイントアドバイス
ハーツクライが本領発揮
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。