Victory Road

アダルト 期間限定セール(毎週作品更新)

2011/11/06 (日)
2011年5回東京2日目

■馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒3、日曜がマイナス0秒7からマイナス0秒2へと変動した。まずはここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、前開催の2週目・3週目は雨の影響でプラスの馬場差。4週目はBコースに替わり、マイナスゾーンに戻って速い時計が出やすくなった。先週もマイナスの馬場差ではあったが、日曜は雨の影響を受けた。
土曜は雨の影響を受けず、天皇賞秋で日本レコードが出た先々週に近い高速決着。ただ、土曜夜から小雨が降り出して日曜朝までに6ミリの雨量を記録した。従って日曜は土曜と同じ良馬場発表でも、朝の段階から土曜よりも時計を要すコンディション。それでも水準よりは速いが、その日曜も細かい雨が降り続いたため、後半の9R以降はさらに時計が掛かって水準に近づいている。同じ良馬場でも土日、および日曜は時間帯によって時計の出方が異なる点は注意していただきたいと思う。脚質的には中から外の差し・追い込みがよく決まっていた。Bコース2週目、内も荒れてきているんだと思う。今週までBコース、残り2週はCコース使用となる。
ダート
先週の馬場差1600m対象の数値は土曜がプラス0秒3、日曜がプラス0秒5だった。まずはここまで8日間の馬場差を振り返っておく。週によって時計の出方は異なり、特に前の開催3週目は速い時計の出やすいコンディションだった。
土曜・日曜ともに水準よりも掛かっていた。ただし、雨の影響を受けた日曜の方が馬場の表面が黒ずんで見えたにも関わらず、より乾燥しているはずの土曜よりも時計を要していたのは注意事項。この日曜の馬場差は、芝と違って終日対象になる。脚質的な偏りは特には無かった。
馬場差一覧

■タイム分析
2011-11-06  芝=-0.7 → -0.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R T1600 チェリーメドゥーサ    牝2 未勝利・牝 1:35.6 -0.5 +0.1   C C
3R T1400 ヴィオラーネ    牝2 未勝利 1:23.5 +0.1 +0.3   D D
6R T1800 ハイクラウン    牡2 新馬 1:52.3 +2.8 +2.2   S D
9R T1800 メーヴェ    牝3 立冬特H1000 1:47.3 +0.3 +0.2   C D
11R T2500 トレイルブレイザー    牡4 アルゼンHG2 2:31.5 +0.3 +0.6   D C
12R T1400 タツミリュウ    牡3 1000万下 1:22.4 +0.7 +0.7   D D

2011-11-06  ダ=+0.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
2R D1400 フリートアロー    牡2 未勝利 1:27.0 +0.6 +0.2   C D
4R D1600 ランドフォール    牡2 未勝利 1:39.6 -0.4 -0.9   A D
5R D1400 ダイワミストレス    牝2 新馬 1:26.9 +0.3 -0.1   C C
7R D1400 メジャーアスリート    牡2 500万下 1:26.0 +0.4 ±0   C C
8R D1400 ミッキーオリーブ    牝4 500万下・牝 1:26.0 +1.1 +0.7   D D
10R D1400 インペリアルマーチ    牡4 銀嶺S1600 1:24.5 +1.0 +0.6   D C

         

■ワンポイントアドバイス
2歳馬の体重増は成長の証明
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。