Victory Road

アダルト動画

2011/11/06 (日)
2011年6回京都2日目

■馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒1からマイナス0秒6へと変動、日曜がマイナス0秒6からプラスマイナスゼロへと変動した。ここまで8日間の馬場差を振り返っておく。先週日曜終盤を除けば、全てマイナスの馬場差だが、雨の影響を受けることが多く、安定しているとは言えない。
先週からBコースに替わって、土曜の前半はマイナス1秒台に戻った。前開催4週目よりも時計が出やすくなっていたが、土日ともに雨が降って後のレースになる程時計が掛かっていった。コースが替わったが、内を通った馬が優勢とは言えず、むしろ外から伸びる馬の方が目に付いた。ちなみに逃げ切り勝ちは緩やかなペースだった日曜3Rのダノンムーンだけだった。
ダート
先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒1からマイナス0秒7へと変動、日曜がマイナス0秒7からマイナス1秒2へと変動した。まずここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、全てマイナスの馬場差だが、雨の影響次第で開催日によって時計の出方は異なり、安定はしてない。
土曜1Rの馬場差はマイナス0秒1でほぼ水準のコンディションでスタートしたが、その後土日とも雨の影響を受けて後になる程時計が出やすくなっていった。芝は時計が掛かって行き、ダートは脚抜きが良くなるという変動ではあるものの、わかりやすい変化ではあった。
馬場差一覧

■タイム分析
2011-11-06  芝=-0.6 → ±0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R T1400 メイショウスザンナ    牝2 未勝利・牝 1:23.4 +0.7   D C
3R T2000 ダノンムーン    牡2 未勝利 2:02.6 +0.3   C C
5R T1800 トリップ    牡2 新馬 1:51.7 +2.5   S C
6R T1400 アースソニック    牡2 新馬 1:22.9 ±0   C C
9R T1400 エーシンハーバー    牝3 長岡京S1600 1:21.4 +0.6   D C
10R T1200 ロードカナロア    牡3 京洛SH 1:08.0 +0.1   C D
12R T1200 エーシンヒットマン    牡3 1000万下 1:08.1 -0.6   B D

2011-11-06  ダ=-0.7 → -1.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
2R D1200 スズカヘリオス    牡2 未勝利 1:13.2 +0.1   D D
7R D1400 アンティークカラー    牝3 500万下・牝 1:24.1 -0.4   D C
8R D1800 オースミイレブン    牡4 1000万下 1:50.7 -1.1   C D
11R D1800 エスポワールシチー    牡6 みやこSG3 1:48.4 -1.8 B C

         

■ワンポイントアドバイス
ペースが違えば、結果も変わる
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。