Victory Road

アダルト 期間限定セール(毎週作品更新)

2011/11/12 (土)
2011年5回新潟9日目

■馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス0秒1、日曜がプラス0秒4。直線1000m対象の数値は土曜がプラスマイナスゼロ、日曜がプラス0秒3だった。まずここまでの芝の馬場差を振り返っておくと、2週目・3週目はマイナスの馬場差。他の週は雨の影響でプラスマイナスゼロか、プラスの馬場差だった。
週中にまとまった雨のが降り、競馬前日の金曜日以後若干の降雨が記録された。土曜は稍重発表、後半の10Rから良に回復したが、馬場差は水準より少し掛かった程度。開催5週目にしては持ちこたえていた。ただ、日曜は朝から雨が降って、昼過ぎまで降り続いた。このためプラスの数値が土曜より大きくなっている。なお、土日とも馬場差は1日を通した数値。コーナーや直線にかけて内が傷んできており、土曜は外伸びに近かったが、逆に日曜は内の馬の健闘が目に付いた。内と言っても最内ではないが、外も雨の影響や使用頻度によって悪化している事だと思われる。これは馬場が良いはずの外よりを走る直線1000mで、日曜が土曜よりコンマ3秒掛かっていた事も関連している。最終週もAコース使用になる。
ダート
先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒3からマイナス0秒7へ変動、日曜がマイナス0秒8。1200m対象の数値は、土曜がマイナス1秒0から、マイナス1秒6へと変動、日曜がマイナス1秒4だった。まず1800mは水準レベルから、雨の影響を受けれれば時計の出やすいレベルとなり、1200mは全てマイナスの馬場差で先週は高速化した。
雨の影響から土曜は不良発表だった。6Rから重馬場に回復したが、脚抜きが良くなって行って、後半に進むにつれて速くなって行った。1200mも同様だが、こちらは朝の段階から高速に近い状態。後半になるにつれて、さらに高速化が進行した。日曜は1800mが土曜終盤より若干速く、1200mは土曜終盤ほどではないが、かなり速い状態。ただし、こちらは1日でくくれる。脚抜きが良いからと言って、逃げ・先行一辺倒ではなくて、差し・追い込みも決まっていた。
馬場差一覧

■タイム分析
2011-11-12  芝=+0.1 / 直=±0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
2R T1200 アブマーシュ    牝2 未勝利 1:10.2 +0.2 +0.1   C D
7R T1600 シークレットベース    牝3 500万下 1:34.7 +0.8 +0.7   D C
10R T1000 リネンパズル    牝4 飛揚特別500 0:55.7 +0.4 +0.4   D D
12R T1800 メルヴェイユドール    牝4 紫竹山特500 1:47.1 +0.6 ±0   C C

2011-11-12  ダ=-0.3 → -0.7 / 1150m=-1.0 → -1.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R D1800 サンマルリジイ    牝2 未勝利・牝 1:55.0 +0.1 +0.4   D E
3R D1200 スズカローゼ    牝4 500万下・牝 1:10.9 -1.0 ±0   C C
4R D1800 ヤマチョウフェア    牡3 500万下 1:52.3 -0.5 -0.1   C D
5R D1200 アテーナーズブレス    牝3 500万下 1:11.1 -0.8 +0.4   D D
6R D1800 ウインク    牝6 500万下・牝 1:53.4 +0.6 +1.1   E D
8R D1200 クロフォード    牝4 500万下・若 1:10.8 -1.1 +0.3   D E
9R D1800 コスモイーチタイム    牡3 500万下 1:52.3 -0.5 +0.2   C D
11R D1200 コウエイフラッシュ    セ5 黒埼特H1000 1:09.2 -2.1 -0.5   B D

         

■ワンポイントアドバイス
平坦のスウェプトオーヴァーボード ダート短距離のストラヴィンスキー
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。