Victory Road

巨乳のサンプル動画が見放題!

2011/11/13 (日)
2011年5回東京4日目

■馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒3、日曜がマイナス0秒7だった。まずはここまで8日間前開催4週目つまり、天皇賞・秋の週はかなり速い時計の出るコンディションだったが、それ以外の週は多かれ少なかれ雨の影響を受けている。
競馬前日の金曜日。夜9時までに約17ミリの雨が降った。このため土曜は稍重からスタート。天候が良く、この季節にしては気温も高めで、6Rには良馬場発表となった。ただし、土曜の馬場差は水準より少し速い程度だった。日曜は完全に回復して、速い時計の出やすいコンディションになっているが、高速決着と言うほど速い時計ではない。ちなみに土曜の馬場差は1日でくくれる。Bコース3週目、内は大分荒れてきており、4コーナーから馬場の内側を意識して空けて直線に向かうコース取りが目に付いた。後方、いわゆる追い込んで勝った馬は5頭居たのも内が荒れてきた事と無関係ではない。今週から最終週までの2週はCコース使用となる。
ダート
先週の馬場差1600m対象の数値は土曜がマイナス0秒8からマイナス0秒3へと変動、日曜がマイナス0秒2だった。まずここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、特に前の開催3週目は雨の影響でかなり速い時計の出やすいコンディションだった。一方この開催1週目はやや時計が掛かっていた。
金曜の雨の影響から土曜日は重馬場。馬場発表は終日変わらないが、時間の経過と共に乾いて行って変動扱い。1・2Rは水準より速く、12R時はマイナスの馬場差ではあっても、水準に近づいている。日曜は終日同じ馬場差で、土曜の最終よりさらに0秒1水準に近づいた。脚質的な偏りは特にはない。
馬場差一覧

■タイム分析
2011-11-13  芝=-0.7
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R T1400 チャーチクワイア    牝2 未勝利・牝 1:23.5 +0.1 +0.3   D C
3R T1800 ミヤビアミュレット    牡2 未勝利 1:49.2 ±0 -0.6   B C
5R T1600 アーカイブ    牡2 新馬 1:37.3 +0.9 +1.5   E C
9R T1600 トーセンベニザクラ    牝2 赤松賞500 1:34.5 -0.9 -0.3   B C
10R T1800 ムーンリットレイク    牡3 ノベンH1600 1:47.6 +1.3 +1.0   S B
12R T1600 アーバンウィナー    牡4 1000万下 1:34.3 +0.1 +0.4   D C

2011-11-13  ダ=-0.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
2R D1400 カリスマアキラ    牡2 未勝利 1:26.2 -0.2 ±0   C D
6R D1300 フェアエレン    牝2 新馬 1:20.4 +0.4 +0.6   D C
7R D1400 エースインザホール    牡4 500万下 1:24.6 -0.3 -0.1   C C
8R D1600 エーシンビートロン    牡5 1000万下 1:36.5 -0.7 -0.5   B C
11R D1600 ナムラタイタン    牡5 武蔵野SG3 1:35.2 -0.4 -0.2   C C

         

■ワンポイントアドバイス
外国人騎手祭り
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。