Victory Road

巨乳のサンプル動画が見放題!

2011/11/20 (日)
2011年5回東京6日目

■馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は、土曜については5Rまでがプラス0秒4からプラス2秒0へと変動、9R以降が設定不能。日曜はプラス0秒5だった。まずここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、土日とも安定していたのは前開催の最終週、つまり天皇賞・秋の週だけで、この開催に入ると雨の影響で同じ週でも時計の出方が異なっている。
土曜の明け方近くから雨が降り出した。朝の段階では雨量は少なくて馬場発表は良。しかし1Rの時点でも水準よりも時計を要すコンディションで、終日降り続くと共に激しさを増して行ったために、1レース毎に馬場が悪化していった。ちなみに5Rはまだ馬場発表は良のままだったが、このレースのタイム差は+4秒4と、スローペースを考慮に入れても甚大であり、馬場差も直前の4Rから一気に大きくなっている。そして午後の9R・11Rはさらに悪化したために、設定不能となった。先週はCコース替わりながら、各馬内を避けて4コーナーを回って来ているのも、雨の影響から。ただ、それでも外伸びまでには至らず、内目の馬が健闘していた。日曜は天候に恵まれて気温が上がった。馬場発表は重からスタートして5Rに稍重まで回復。馬場差も土曜1R時とほぼ同じ数字まで戻している。日曜の馬場差は土曜と異なり、1日でくくれる。傾向としては外からの差し切りあり、内からの進出あり、どちらのコースが得なのか枠順を含めて難しい面があった。馬場差とは別に乾きが進行するにつれて、内が有利になって行った印象もあり、後半の9Rヤマカツハクリュウの内目からの差し切りが証明になるだろう。最終週の今週もCコース使用となる。
ダート
先週の馬場差1600m対象の数値は土曜がマイナス0秒1からマイナス1秒5へ、その後プラス0秒1へと変動。日曜がマイナス1秒3からマイナス0秒5へと変動した。まずはここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、雨の影響度が異なり週によって、あるいは同じ週でも土日で時計の出方が違っている。
土曜日は雨の影響から稍重スタートで始まって、重→不良と馬場発表が変わって行ったが、時計の出方も1日の中で大きく変化した。前半の2レースは水準に近く、中盤の7Rは一番速い時計の出るコンディション。つまり、イーグルドライヴの勝った時間帯は高速決着と認識されたいと思う。ただし、1つ前の6Rが午前中よりも速いものの、7Rほど速くないのは風の影響が強くて、またその影響を最も受けやすい2100m戦のため。さらに後半は水が浮いた状態に変化して時計を要して行き、12Rではついにプラスの馬場差となった。対して日曜は、土曜後半の水が引いて土曜中盤に近い高速決着から始まり、気温の上昇と共に乾きが進行する変動でもわかりやすいパターン。土日を通じて雨の影響がないからと言って、逃げ・先行有利とは無く、水の浮いた土曜後半の10R・12Rはいずれも後方待機馬のワンツー決着だった。
馬場差一覧

■タイム分析
2011-11-20  芝=+0.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
2R T1600 マイネルアトラクト    牡2 未勝利 1:36.4 +0.3   C C
3R T1800 サンキューアスク    牝2 未勝利・牝 1:49.5 +0.3   C C
5R T1400 ラミアプリマベーラ    牝2 新馬 1:24.8 +1.2   D D
7R T1400 オメガハートランド    牝2 500万下 1:23.0 +0.3   C D
9R T1800 ハッピーパレード    牝5 tvk賞1000 1:49.5 +2.5   S C
10R T1400 ヤマカツハクリュウ    牡4 奥多摩H1600 1:21.6 +0.4   C C

2011-11-20  ダ=-1.3 → -0.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R D1600 アルファウイング    牡2 未勝利 1:38.2 -1.8   B D
6R D1400 フレイムオブピース    牡2 新馬 1:25.6 -1.0   C D
8R D1300 プロスペラスマム    牝4 500万下 1:18.2 -0.3   D C
11R D1400 ケイアイテンジン    牡5 霜月SH 1:22.7 -0.1   D D
12R D1600 ジェネラルノブレス    牡5 1000万下 1:37.0 -0.2   D C

         

■ワンポイントアドバイス
続・2年目のディープインパクト産駒
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。