Victory Road

アダルト動画

2011/12/24 (土)
2011年5回小倉9日目

■馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにプラスマイナスゼロだった。まずここまで10日間の芝の馬場差を振り返っておくと、1週目は時計の出やすい馬場だったが、その後3週はプラスの馬場差が続き、先週はプラスマイナスゼロだった。
土曜後半に少し雨降ったが、時計の出方に影響及ぼす程ではなかった。脚質的には前回話した通り、土曜は外差しが決まる事があったものの、日曜は出遅れて最内を突いた馬が差しきるなど、どこを通っても同じ状況になった。いずれにせよ、思い切った競馬をした馬と騎手が結果を残せる馬場だった。
ダート
先週の馬場差1700m対象の数値は土日ともにプラス0秒4だった。まずはここまで10日間の馬場差を振り返っておくと、1週目は水準の馬場、その後2週は雨の影響で脚抜きが良くなり、速い時計の出やすいコンディションだった。ただ、4週目・5週目は時計の掛かる馬場となった。
脚質的には1000mはこれまでと同様先行馬同士の決着がほとんどだった。逆に1700mは先々週よりも差しが届いていた。何か2011年の最終週の競馬で、各騎手が勝ち急いだ分ペースが速くなったのかなと、あくまでも想像ではそう思う。ちなみに1700m戦で逃げ馬が連絡みしたのは8レース中2頭だけだった。
馬場差一覧

■タイム分析
2011-12-24  芝=±0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
3R T1200 キボウダクリチャン    牝2 未勝利・牝 1:08.8 -0.6   B C
4R T2000 ヴァンガード    牡2 未勝利 2:02.0 +0.5   C D
8R T1200 サンライズイーグル    牡3 500万下 1:08.8 +0.3   D D
11R T1200 アグネスウイッシュ    牡3 宗像特別1000 1:07.8 -0.3   B C
12R T1800 エクセリオン    牡4 志賀島特500 1:48.9 +1.8   S D

2011-12-24  ダ=+0.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R D1000 エーシングリズリー    牡2 未勝利 0:59.3 -0.2   B C
2R D1700 ママキジャ    牝3 500万下 1:46.7 +1.3   E D
5R D1700 テーブルスピーチ    牝4 500万下・牝 1:46.4 +1.0   D D
6R D2400 レットミーノー    牡3 500万下 2:35.2 +1.0   D D
7R D1700 クリスタルドア    牡6 500万下 1:46.9 +1.5   E D
9R D1000 ギガワット    牡4 500万下 0:58.7 +0.2   C D
10R D1700 レッドクラウディア    牝2 樅の木賞500 1:47.0 +0.7   C C

         

■ワンポイントアドバイス
土日で違う脚質傾向
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。