Victory Road

DMM.make DISPLAY

2011/12/24 (土)
2011年5回中山7日目

■馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス0秒7だった。まずここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、1週目特に初日は雨の影響でかなり時計が掛かり、その後開催が進む毎にむしろ時計は出やすくなるという推移だった。
ダート
先週の馬場差1800m対象の数値は土日ともにプラス0秒9。1200m対象の数値は土日ともにプラスマイナスゼロだった。まずはここまで8日間の馬場差を振り返っておく。1800mは3週目までマイナスの馬場差だったが、先週は一転して時計が掛かった。1200mも3週目まではマイナスの馬場差、先週は1800mほど時計は掛かっていないものの、マイナスの馬場差ではなかった。
時計が一気に変わったというのは一つのポイントになると思うが、脚質傾向はどうかと言えば、脚質的には大きな特徴はなくて、逃げ馬も差し馬も連対できる様な馬場だった。
馬場差一覧

■タイム分析
2011-12-24  芝=-0.7
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
3R T2000 アロヒラニ    牡2 未勝利 2:02.6 -0.6   B C
5R T1600 サウスビクトル    牡2 新馬 1:37.2 +0.7   E C
7R T1600 ミステリートレイン    牡3 1000万下 1:35.7 +1.3   S D
9R T1200 レオンビスティー    牡2 クリスマ 1:08.3 -0.8   B D
12R T2200 エーブチェアマン    牡4 グレイト1600 2:13.7 +0.2   D C

2011-12-24  ダ=+0.9 / 1200m=±0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R D1200 ドリームコメット    牡2 未勝利 1:12.2 -0.8   A C
2R D1800 ダイワフェリス    牝2 未勝利・牝 1:57.8 +1.7   D D
4R D1800 テイエムデジタル    牡2 未勝利 1:57.6 +1.5   D D
6R D1800 クレバーカイザー    牡2 新馬 1:58.5 +2.0   E D
8R D1800 コルポディヴェント    牡3 1000万下 1:53.6 +0.4   B C
11R D1800 タガノロックオン    牡3 師走SH 1:53.1 +1.5   D D

         

■ワンポイントアドバイス
14/59 & 6/59
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。