Victory Road

DMM.make DISPLAY

2011/12/25 (日)
2011年6回阪神8日目

■馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒2、日曜がプラス3秒2からプラス1秒8へと変動だった。ここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、7日目つまり先週土曜までは水準レベルで推移していたが、日曜だけはかなり時計が掛かった。
日曜日風が相当キツかった。特に5Rまではかなり強い風だった。基本的には5Rまでが特に強風で、6R以降は5R以前ほどでは無かったので、まず馬場差は5Rまでのプラス3秒2と6R以降のプラス1秒8の2つに別れる。その上で距離によって影響度が異なった。直線が向かい風でしたから、直線を2回通る中距離戦は一層風の影響が強いと見る。日曜は最も短い距離が1600m、でしかも1600mの2鞍は7Rと12Rという事で後半に行われた。従ってこれら1600mの2鞍については、他のレースに比べれば時計は出やすかったため、他とは区別して馬場差をプラス0秒8とした。脚質的には内回りのレースは先行馬が有利で、外回りのレースは差し馬が有利だった。明らかに傾向が違っていたのは珍しいパターン。
※1600m…+0秒8
ダート
先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラス1秒0、日曜がプラス2秒7からプラス1秒4へと変動した。ここまで8日間全てプラスの馬場差だった。ただ3週目までは水準に近いレベルだったのに対し、先週はかなり時計が掛かっていた。
土曜は風ではなく、パサパサで時計が掛かってまるで砂漠に居るかの様な感じで、真ん中に池のある京都が懐かしいなと思うくらいパサパサだった。さらに日曜が風の影響を強く受けて、ダートも前半の方が一層風の影響を受けていたが、距離によって影響度が異なる。2秒7からプラス1秒4へと変動というのは、あくまで1800m対象の数値。1400mについては1800mほどは掛かっていないが、それでもこの開催では最も時計が掛かっていた。
※日曜1200m…+1秒3→+0秒8 1400m→+0秒9
馬場差一覧

■タイム分析
2011-12-25  芝=+3.2 → +1.8 → +0.8
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
3R T2000 カネトシアブニール    牡2 未勝利 2:06.5 +4.0   D C
5R T2000 ショウナンタケル    牡2 新馬 2:08.1 +5.3   S C
7R T1600 オリービン    牡2 500万下 1:35.7 +0.6   C B
9R T2400 ロードラテアート    牡5 江坂特別1000 2:31.8 +5.4   S D
12R T1600 コスモセンサー    牡4 ファイナH 1:34.2 +1.4   D D

2011-12-25  ダ=+2.7 → +1.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R D1800 エアハリファ    牡2 未勝利 1:57.6 +2.7   C C
2R D1200 マルカファイン    牡2 未勝利 1:14.9 +1.5   C D
6R D1400 メイショウゲンブ    牡2 新馬 1:27.1 +0.6   B D
8R D1200 シルクドミニオン    牡5 500万下 1:13.1 +0.8   C C
10R D1800 ローマンレジェンド    牡3 赤穂特別1000 1:54.7 +2.4   D C
11R D1400 サクラシャイニー    牡5 摩耶S1600 1:24.0 +0.5   B C

         

■ワンポイントアドバイス
風の影響大
日曜芝
距離
馬場差
3R
2000
+3.2
5R
2000
+3.2
7R
1600
+0.8
9R
2400
+2.2
12R
1600
+0.8

日曜ダート
距離
馬場差
1R
1800
+2.7
2R
1200
+1.3
6R
1400
+0.9
8R
1200
+0.8
10R
1800
+1.4
11R
1400
+0.9

※この表の数値は中距離換算ではなくて、それぞれの距離にそのまま当てはめる事ができる馬場差。

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。