Victory Road

アダルト 期間限定セール(毎週作品更新)

2012/01/05 (木)
2012年1回中山1日目

■馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は、初日がマイナス1秒1、2日目・3日目はマイナス1秒0だった。昨年暮れから実質的には連続開催ですので、まずは昨年5回開催後半からの馬場差の推移を確認しておく。5回開催5日目以降は雨の影響がなく、マイナスの馬場差だった。年明けになり馬場差はマイナス方向に大きな数値となった。
昨年の5回開催がAコースで、今開催からCコース。内側の傷んだ部分がカバーされて時計がマイナス方向に動いたと非常にわかりやすい推移だった。
内が有利という馬場ではないが、1600mがコース形態上外枠が不利という事で、2000m以上はちょっとスローペースになりやすいという事情で、結果的に外からの差しが届きにくかった。
ダート
先週の馬場差1800m対象の数値は3日間ともにプラス0秒8。1200m対象の数値は3日間ともにプラス0秒2だった。まず1800mについては、昨年暮れの5回開催最終週はそれまでとは一転して時計が掛かった。年明け3日間についてはその最終週とほとんど同じレベルで時計の掛かるコンディションだった。1200mについては、暮れの最終週に1800m程ではないものの、それまでより時計が掛かってプラスマイナスゼロ。年明けの3日間はさらに掛かってプラスゾーンへと入った。
冬のダートというのは、凍結の恐れがあってあまり水をまけないので、乾燥しているというのが乾燥している理由。そうは言っても先週辺りだと凍結の恐れがある程は冷え込んではいないので、散水されているが、それでも含水率が2%とか3%のそういう乾燥した状態。という事で、昨年の最終週と同様に力の要る馬場で時計の掛かる状態だった。1200m対象の数値もプラスゾーンに入ってきたという事。
この初日を見ると、割と逃げ馬が苦戦しているなという結果になるが、その結果だけで前が止まりやすい馬場なのかという事はちょっと判断しにくい。
馬場差一覧

■タイム分析
2012-01-05  芝=-1.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
5R T2000 ディーエスライダー    牡3 未勝利 2:02.2 -1.0 -0.7 B C
6R T2000 ブリッジクライム    牝3 新馬 2:02.6 -0.9 -0.5   B B
9R T1600 オメガホームラン    牡3 ジュニア 1:34.2 -0.8 +0.1 C D
11R T2000 フェデラリスト    牡5 中山金杯HG3 1:59.4 -0.1 +0.4   D C
12R T1600 ディープサウンド    牡4 1000万下 1:32.9 -1.5 -0.6   B C

2012-01-05  ダ=+0.8 / 1200m=+0.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R D1200 ナムラケイオス    牝3 未勝利・牝 1:13.0 ±0 -0.2   C D
2R D1800 ニホンノチカラ    牡3 未勝利 1:56.6 +0.6 -0.2   C C
3R D1200 タマブラックホール    牡3 未勝利 1:13.2 +0.2 ±0   C B
4R D1800 ドラゴンヴォイス    牡4 500万下 1:54.7 +0.7 -0.1   C C
7R D1200 リックムファサ    牡4 500万下 1:12.3 +0.4 +0.2   C C
8R D1800 コスモイーチタイム    牡4 1000万下 1:55.6 +2.4 +1.2   S D
10R D1200 コンフォーコ    セ7 初日の出1600 1:11.0 +0.3 +0.1   C D

         

■ワンポイントアドバイス
中山・芝のダイワメジャー産駒
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。