Victory Road

DMM.make DISPLAY

2012/01/28 (土)
2012年2回京都1日目

■馬場コメント
先週の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラスマイナスゼロ、日曜がプラス0秒2だった。まずはここまでの馬場差を振り返っておく。1回開催5日目までは全てマイナス0秒2だったが、6日目・7日目は雨の影響で時計が掛かった。
先々週の様な雨の影響はなく、さらにBコースに替わった事で水準レベルに戻した。冬場で連続開催後半ですので、高速馬場というレベルではないが、時計は出やすくなっていた。連対馬の脚質やコース取りについては、特に土曜は中団・後方に控えていた馬の上位進出が目立った。そして外を回った馬も不利ではなかった。外差しばかりという訳ではなかったが、1回開催の様に前に位置した馬、内を通った馬が有利という事はなかった。なお、2回開催は全てBコースが使用される。
ダート
先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラス1秒0、日曜がプラス0秒8だった。ここまでの馬場差を振り返っておくと、1回開催5日目まではやや時計の掛かるコンディションが続いたが、6日目・7日目は雨の影響で脚抜きが良くなり、速い時計が出やすくなった。
東京とか小倉と違って、凍結防止剤の散布に関する発表は無かった。先週は年明けの京都の中で最も時計が掛かっていた。時計は掛かっているが、連対馬の脚質には偏りがなく、不公平感のない馬場コンディションだったと思う。1年を通じての京都ダートの平均的なところよりも、差しとか追い込みが決まっていた。
馬場差一覧

■タイム分析
2012-01-28  芝=±0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
5R T1800 ローゼンケーニッヒ    牡3 未勝利 1:48.9 +0.1 +0.1   C C
7R T1400 サンライズマヌー    牡3 500万下 1:21.8 -0.2 -0.2   C C
9R T2400 ミルドリーム    牡3 梅花賞500 2:27.9 +0.3 -0.3   C D
11R T1200 ロードカナロア    牡4 シルクロHG3 1:08.3 +0.4 +0.4 D C

2012-01-28  ダ=+1.0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R D1200 アンビータブル    牝3 未勝利 1:14.0 +1.0 +0.3   D D
2R D1800 ウイニングサルート    牡3 未勝利 1:56.2 +1.9 +0.6   D D
3R D1400 ヴィーガトウショウ    牝3 未勝利・牝 1:27.6 +1.7 +0.9   E D
6R D1200 トーホウサターン    牡3 新馬 1:14.6 +1.4 +0.7   E D
8R D1400 プントバンコ    牝4 500万下・牝 1:25.5 +1.0 +0.2   C D
10R D1900 デスペラード    牡4 雅S1600 1:58.7 +1.1 ±0   C C
12R D1800 エーシンバリントン    牡4 1000万下 1:53.7 +1.9 +0.6   D D

         

■ワンポイントアドバイス
小倉ダート1700m穴なら内枠
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。