Victory Road

アダルト動画

2012/01/29 (日)
2012年1回小倉6日目

■馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス0秒7、日曜がプラス0秒8。1200m対象の数値は土曜がプラス0秒1、日曜がプラス0秒3だった。まずここまで6日間の芝の馬場差振り返っておく。1週目はマイナスの馬場差で、その内1200mで時計が出やすくなっていた事が注意点。2週目以降では特に4日目は雨の影響であとのレースになる程時計が掛かっていった。
Bコースの3週目を迎えた芝は、ついに1200m対象の数値さえも、良馬場にしてプラスゾーンに突入した。傷んだコースとまだ伸びるコース、この違いはある程度見た目では判断できると思うが、芝での最初のレースを実施した土曜3R1200m戦がいきなり8枠3頭のワンツースリーその後土曜に行われた1200m戦3鞍は好位を進んで、上手く伸びるコースの外目へ持ち出した馬ばかりが勝っていた。日曜日は土曜よりさらに時計の掛かるコンディションだった。今度は枠順やコースどうこうよりも、インコースがぽっかり空きすぎるせいか、逃げ残りやインからの差し込みが目に付いた。今週はCコース替わりとなるが、こうした馬場の消耗度を踏まえると、同じようにと言うか、それなりに土日の中での傾向の変化があるかもしれない。
ダート
先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がマイナス1秒5、日曜がマイナス0秒6だった。まずはここまで6日間の馬場差を振り返っておくと、1週目は時計の掛かるコンディションだったが、3日目以降は雨や雪の影響を受け、マイナスの馬場差。特に3日目から5日目となる先週土曜までは、速い時計の出るコンディションだった。
同じ稍重発表でもこの開きと言うか、この差(土日の差)の開きは大きいので注意が必要。中間雨こそ観測されていないが、連日雪がちらついていた様。凍結防止剤を用いて水分を保っている状態が続いていた訳だが、週中に日差しが少なかった事が土曜の馬場差に影響したのかなと想像している。
馬場差一覧

■タイム分析
2012-01-29  芝=+0.8 → +0.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
3R T1800 サマールナ    牝3 未勝利・牝 1:49.3 +0.8 +0.1   C D
4R T1200 ビップヴィットリオ    牡3 未勝利 1:09.9 +0.5 +0.2   C D
9R T2600 シンボリボルドー    牡5 500万下 2:40.5 +0.7 -0.7   B D
11R T1200 ホットチリペッパー    牡5 紫川特別1000 1:09.2 +1.1 +0.8   E D
12R T2000 マイネルガヴロシュ    牡5 小倉城特500 2:02.0 +2.1 +0.5   D C

2012-01-29  ダ=-0.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R D1000 キングヒーロー    牡3 未勝利 0:59.2 -0.2 +0.2   C E
2R D1700 ホッコータルマエ    牡3 未勝利 1:46.7 -0.4 -0.2   C D
5R D1000 トロンプルイユ    牝5 500万下・牝 0:58.8 +0.3 +0.7   E D
6R D1700 トレノソルーテ    セ6 500万下 1:45.4 ±0 +0.6   D D
7R D1000 スズカロジック    牡4 500万下 0:59.1 +0.6 +1.0   E C
8R D1700 レッドシュナイト    牡4 500万下 1:45.1 -0.3 +0.3   C D
10R D1700 フリートストリート    牡3 くすのき500 1:45.7 -0.5 +0.1 C D

         

■ワンポイントアドバイス
小倉ダート1700m穴なら内枠
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。