Victory Road

アダルト 期間限定セール(毎週作品更新)

2012/02/19 (日)
2012年1回東京8日目

■馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス0秒1だった。まずここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、風の影響を受けた1週目以外は全てマイナスの馬場差だった。ただ、速い時計が出るという程のレベルではない。また、開催の後半は水準レベルに近づいて行った。
馬場差は水準方向へ推移したが、連対馬の傾向に顕著な傾向は見られなかった。3週目と同様、コンディションよりは流れが支配する競馬の方が多かったと思う。土曜は4鞍全てがスローペースの競馬だった。直線でも密集した状態になりやすく、ごちゃついて脚を余す馬が目に付いた。従って、返って外から一本道での差し・追い込みが決まりやすいという側面もありましたので、芝のコンディション自体は内も外も割と公平だったと思う。その証拠に日曜7R・9R・10Rにおいては逃げ馬が2勝した事もあるが、ハッキリ内を回って来た馬とハッキリ外を回ってきた馬が1頭ずつ連対するパターンだった。
ダート
先週の馬場差1600m対象の数値は土曜がプラス1秒2、日曜がプラス1秒0だった。この開催は全てプラスの馬場差だった。特に2週目以降はプラス1秒台で、かなり時計の掛かるコンディションだった。
この中間は火曜に少量の雨を記録しただけで、金曜正午で良馬場発表だった。金曜夜に雪が降ったわけだが、カラカラではなくて見た目にもパサッとした印象のダート。そして風が強く吹けば砂埃も立つ様なコンディションだった。連対馬の脚質には極端な偏りはないが、その一方東京向きの決め手勝負タイプもしっかり活躍していた。
馬場差一覧

■タイム分析
2012-02-19  芝=-0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
4R T1600 ジヴェルニー    牡3 未勝利 1:35.6 -0.4 -0.3   B C
5R T1800 キャノンシュート    牡3 新馬 1:51.3 +1.9 +0.6   D D
7R T1800 ナンデヤネン    牡5 500万下 1:47.8 +0.1 -0.3   C C
9R T1800 メイショウスザンナ    牝3 セントポ500 1:50.6 +2.3 +1.1   S C
10R T2000 トランスワープ    セ7 アメジH1600 2:01.6 +2.2 +1.2   S C

2012-02-19  ダ=+1.0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R D1400 シンキングマシーン    牡3 未勝利 1:26.8 +0.5 -0.4   B D
2R D1300 マックスガイ    牡3 未勝利 1:20.3 +0.6 -0.2   C D
3R D1600 ゴールドゼウス    牡3 未勝利 1:40.8 +1.2 +0.2   C C
6R D1400 ジャイアン    牡4 500万下 1:25.8 +0.9 ±0   C C
8R D2400 パクサ    牡4 1000万下 2:34.5 +2.2 +0.1   C D
11R D1600 テスタマッタ    牡6 フェブラG1 1:35.4 +0.1 -0.9   A C
12R D2100 トーセンアレス    牡5 金蹄S1600 2:11.7 +1.3 ±0   C D

         

■ワンポイントアドバイス
後で更新します。
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。