Victory Road

DMM.make DISPLAY

2012/03/11 (日)
2012年1回中京4日目

■馬場コメント
中京はコースも改修されたので、現時点では基準タイムを設定せず、完全タイム差や馬場差の数値、そしてタイムランクも表示していない。表示しているのはメンバーランクのみ。
稍重でのスタートだった。その後土曜8Rの段階で良まで回復したが、実際は土日とも道悪競馬だったと解釈すべき。そして草丈が長くて、タフな馬場である事は開幕週と変わらずだった。ちなみに芝2000m戦は計4鞍行われたが、全てが2分5秒以上の決着。仮にパンパンの良馬場だったとしても、時計が掛かる馬場である事は確か。脚質的には開幕週と同様差し馬が健闘していた。ただ、馬場の3分どころまでに馬が殺到するレースが多かったために、前が詰まって追えない馬が数多く見受けられた。その結果4分どころから外を取った差し馬がズバっと突っ込んで来るケースもあった。いずれにしよ2週連続の道悪競馬で、馬場の内側が徐々に荒れて来ているのは事実ですし、芝は前回の番組で話した様に以前通ったコースによって草丈の長さが違う。いわゆる波打った様な状態なので、今週から後半2週も引き続きAコースが使用されますし、ジワジワと外差しがハマる様になりそう。特に今週の日曜はその流れに拍車がかかるんじゃないかなと思う。
ダート
ダートは土曜は不良から重で行われて、日曜は重から稍重で行われた。この内最も時計が出やすかったのは、土曜の午前かなと思う。ただ、時計が出やすいと言っても、1800mで1分52秒8が最も速い勝ち時計ですから、良馬場なら阪神と同様、相当力の要る馬場だと推測できる。脚質的には依然先行有利だが、ジョッキーの動きに変化があった。途中から上がって行ったり、早め先頭を狙う騎手の数が随分増えた。その分開幕週と比べると差しが届く様になった。ただ、いずれにしろ4コーナーでは5・6番手以内のポジションに居ないと厳しいですし、それより後ろの馬は頑張っても3着という競馬が多かった。なので、基本線は先行有利で、たぶん今のタフな馬場だと良馬場になれば、もう後ろの馬が差して来るのは難しいと考えられる。
馬場差一覧

■タイム分析
2012-03-11  芝=+1.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
4R T2000 ネヴァーハーツ    牝3 未勝利・牝 2:06.4 +2.9 +1.4   E D
5R T1200 マジッククレスト    牝3 未勝利 1:11.5 +0.8 -0.1   C D
9R T2000 タイタン    牡4 500万下 2:05.0 +3.0 +0.8   D D
11R T1400 レオプライム    牡5 中京スポ1000 1:23.5 +1.3 +0.2   C C
12R T1600 マイネルゴラッソ    牡4 熱田特別500 1:36.6 +1.1 -0.1   C D

2012-03-11  ダ=-1.0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R D1800 ハギノクーザ    牝3 未勝利・牝 1:56.3 +1.0 +2.0   E E
2R D1800 ラヴァンドゥー    牝3 未勝利 1:54.0 -1.3 -0.3   C D
3R D1400 マラネロ    牡3 未勝利 1:24.9 -1.6 -0.8   A D
6R D1800 ロイヤルインパクト    牝4 500万下・牝 1:54.3 +0.7 +1.7   E D
7R D1200 パープルセンリョ    牡4 500万下 1:11.7 -0.8 -0.1   C D
8R D1900 ダイヤノゲンセキ    セ4 500万下 2:02.0 +1.7 +2.8   E E
10R D1800 サンマルデューク    牡3 沈丁花賞500 1:55.6 +1.2 +1.9   E D

         

■ワンポイントアドバイス
阪神も忘れるな!
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。