Victory Road

アダルト 期間限定セール(毎週作品更新)

2012/03/18 (日)
2012年1回中京6日目

■馬場コメント
中京コースは改修されているので、現時点では基準タイムを設定していない。完全タイム差や馬場差の数値、そしてタイムランクも表示していない。表示しているのはメンバーランクのみ。
雨の影響を強く受けた。馬場差はおおよそプラス2秒から3秒程度かなと思う。今開催では最も時計の掛かるコンディションだったと推察できる。そして脚質的には前回予想した通り、圧倒的に外から差して来る馬が有利だった。ただ、日曜後半になると例外もちらほら見え始めて、11R・12Rはいずれも最内を通った逃げ馬がそのまま押し切った。結論から言えば、阪神と同様1番荒れている馬場の2・3分どころを通るぐらいなら、外に回すかあるいは最内を通った方が良いという結果となった。要はどのコース取りを選ぶか、乗っている騎手のセンスによるところも大きい。そういった意味では日曜11R・12Rを逃げ切った吉田隼人騎手・松田大作騎手は好判断だったと言える。ちなみに、今週も引き続きAコース使用。内1頭分のグリーンベルトは土曜の内に恐らく消滅すると思うので、その後どのコースを通った馬が伸びるのか、高松宮記念までにじっくりとチェックしておきたい。
ダート
先々週のダート1800m戦の最も速い勝ち時計が1分52秒8だった。それが先週古馬500万下のレースで1分51秒6の時計が出た。降雨量から考えても先々週よりも先週の方が時計の出方は速かったと推察できる。特に日曜は土曜よりも速かった。中京のダートもパサパサならかなり時計が掛かる馬場と散々うるさいぐらい言い続けて来たが、1回もそういう馬場にはならなかった。脚質的には依然先行馬が有利だった。前回も言った通り、各騎手が馬場傾向を意識して早めに動くケースがある分、差しも届いていたがそれはあくまでもレアケース。基本線は前に行った馬が有利。それにこの早仕掛け自体も、先々週に比べると少なくなった感じがする。開幕週から各騎手が模索を続けて来た仕掛けのタイミングだが、結果当初の傾向だった前残りで一段落した印象がある。
馬場差一覧

■タイム分析
2012-03-18  芝=+2.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
4R T1200 ミラクルムーン    牝3 未勝利 1:12.8 +2.1 +0.7   E D
5R T2200 アドマイヤバラード    牡3 未勝利 2:20.4 +3.3 ±0 C D
8R T1400 キングロンシャープ    牡4 500万下 1:24.1 +1.4 -0.2   C D
10R T1200 アグネスハビット    牡3 はなのき500 1:11.3 +1.2 -0.2   C D
11R T1600 メイショウゾウセン    牡4 中京スH1000 1:37.0 +2.1 +0.3   D E
12R T2000 マリアビスティー    牝4 岡崎特別500 2:05.9 +3.9 +1.6   E D

2012-03-18  ダ=-2.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R D1200 フレンチトースト    牝3 未勝利・牝 1:11.3 -2.2 -0.8   A D
2R D1800 ブリスコーラ    牡3 未勝利 1:53.5 -1.8 -0.2   C D
3R D1400 ゲンパチメジャー    牡3 未勝利 1:24.6 -1.9 -0.3   B D
6R D1400 サーストンサラ    牝4 500万下・牝 1:24.4 -0.8 +0.8   E D
7R D1800 マンボダンサー    牡4 500万下 1:51.6 -2.0 +0.1   C D
9R D1900 パンジャ    牡4 500万下 2:00.4 +0.1 +1.5   S D

         

■ワンポイントアドバイス
後で更新します。
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。