Victory Road

DMM.make DISPLAY

2012/03/25 (日)
2012年1回中京8日目

■馬場コメント
中京はコースも改修されているので、現時点では基準タイムを設定せず、完全タイム差や馬場差そしてタイムランクも表示していない。表示しているのはメンバーランクのみとなっている。
先週の土日で比較すれば、日曜の方が馬場が乾いて時計は出やすくなっていた。土曜の勝ち馬は6頭の内5頭が中団・後方から差して来た馬。総じて外を回った馬が優勢だった。5Rを勝ったヘリオスフィアや11R2着のヤマカツゴールドの様に直線内から伸びて来た馬も居るが、終始内を通って来た訳ではない。一方日曜日は逃げ切りがあり、内ラチ沿いを差しきった馬もいて、むしろ内を通る馬が目立っていた。G1回顧の2着サンカルロの所でも触れたが、傾向としては土日で変わっていた。
ダート
先週の放送でダート1800m戦の古馬500万下のレースで1分51秒6と開催で最も速い時計が出たと言っていたが、先週の土曜9Rの古馬500万下で1分51秒3のタイムが出た。さらに速かった。やっぱり雨の影響が大きかったと思う。日曜は馬場も回復して、土曜より時計が掛かっていた。あと土日を通して脚質的には逃げ・先行馬の活躍馬が目立っていたのも注目事項。
馬場差一覧

■タイム分析
2012-03-25  芝=+2.2 → +2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
3R T1600 カロッサル    牡3 未勝利 1:40.2 +3.6   S D
4R T2000 エックスマーク    牡3 未勝利 2:06.1 +2.6   D C
7R T2000 フェアリーレイ    牝5 500万下 2:03.7 +1.7   B C
9R T1200 シュプリームギフト    牝4 三河特別1000 1:10.9 +1.4   C C
10R T2200 トウカイパラダイス    牡5 名古屋城1600 2:18.8 +4.8   S C
11R T1200 カレンチャン    牝5 高松宮記G1 1:10.3 +1.8   D C

2012-03-25  ダ=-1.4 → -0.9
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R D1800 シゲルサクランボ    牝3 未勝利・牝 1:55.2 -0.1   E D
2R D1800 マイネルアクロス    牡3 未勝利 1:53.9 -1.4   C D
5R D1200 アドマイヤオンリー    牝5 500万下・牝 1:11.9 -0.6   D D
6R D1400 サンライズサルーテ    牡4 500万下 1:25.5 +0.3   E D
8R D1900 リアルアヴェニュー    牡5 500万下 1:59.0 -1.3   C D
12R D1800 ダノンフィーバー    牡6 瀬戸特別1000 1:53.3 +0.5   E C

         

■ワンポイントアドバイス
ダートの内田博幸騎手は完璧
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。