Victory Road

アダルト 期間限定セール(毎週作品更新)

2012/04/14 (土)
2012年3回中山7日目

■馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス2秒2からプラス2秒6へと変動、日曜がプラス1秒0だった。まずはここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、3日目までと先週は雨や風の影響を受けた。一方4日目から6日目はマイナスの馬場差で、特に5日目・6日目は速い時計の出やすいコンディションだった。
中間は土曜日の天気予報に傘マークはあったが、当初は比較的早めに上がって、皐月賞の行われる日曜は良馬場に回復すると思っていた。それが金曜夜から降り始めた雨が、予想以上の雨量となって土曜の夜21時頃まで降っていた。土曜日は不良発表で、馬場差は変動だった。中盤の5R・6Rよりも後半よりの8R・9Rの方が時計が掛かって行っている。日曜は朝の時点で不良に近い重馬場、それでも土曜よりは時計の出る馬場コンディションで、馬場発表は皐月賞の11Rから稍重に回復したが、馬場差は終日対象となる。前開催から雨に祟られ続けた事もあって、3・4コーナーと直線の馬場の内側の傷みが大きくて、土日ともに馬場の中から外の差し馬が上位を賑わしていた。日曜の後半2Rは内と大外の決着だったが、内の馬も決して最内ではない。
ダート
先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒9、日曜がマイナス1秒8。1200m対象の数値は土曜がマイナス0秒9、日曜がマイナス1秒2だった。まずはここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、雨や風の影響によって時計の出方は開催日によって、あるいは時間帯で異なる。1800mでは3回開催の初日・2日目、そして8日目がマイナス1秒台で速い時計の出るコンディション。1200mは3回開催の初日と8日目がマイナス1秒台だったのに対し、3日目は強風の影響を受け、かなり時計が掛かっていた。
土日ともに不良発表。ただし、土曜は競馬開催中も雨が降り続けていたために、水が浮いた状態だった。日曜は表面上、その水分が吸収された状態で、脚抜きは断然土曜よりも走りやすかったと思う。土日ともに時計の出るコンディションだが、1800m・1200mともに日曜日の方が高速化している。脚質的には時計が速いからと言って、前が止まりにくい事もなく、差し・追い込みも決まっていた。
馬場差一覧

■タイム分析
2012-04-14  芝=+2.2 → +2.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
5R T2200 イデアルモルソー    セ3 未勝利 2:20.0 +3.6 +0.8   D C
6R T1600 マイネルアダマス    牡3 500万下 1:37.1 +1.7 -0.1   C C
8R T1600 アースガルド    牡5 500万下 1:37.4 +2.4 +0.5   D D
9R T2000 クリールカイザー    牡3 山藤賞500 2:07.4 +5.2 +2.2   E C

2012-04-14  ダ=-0.9 / 1200m=-0.9
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R D1800 スターライラック    牝3 未勝利・牝 1:55.3 -0.5 +0.4   D E
2R D1200 リバティーアゲイン    牡3 未勝利 1:12.1 -0.8 +0.1   C D
3R D1800 トキノユウ    牡3 未勝利 1:55.5 -0.3 +0.6   D D
4R D1200 ブエノディオス    牡3 未勝利 1:12.2 -0.7 +0.2   C E
7R D1800 オペラフォンテン    牝4 500万下・牝 1:54.5 +0.5 +1.4   E E
10R D1800 コルポディヴェント    牡4 総武S1600 1:51.9 -0.5 +0.4   D C
12R D1200 タンジブルアセット    牡5 鹿島特別1000 1:10.2 -1.1 -0.2   C D

         

■ワンポイントアドバイス
ステイゴールド vs ディープインパクト
後で更新します。

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。