Victory Road

ギャルのサンプル動画が見放題!

2012/04/14 (土)
2012年2回阪神7日目

■馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス1秒0、日曜がプラス0秒9だった。ここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、設定不能とした3日目を含め、雨の影響を受けた。
1回開催から全てプラスの馬場差。設定不能としたこの開催3日目についても、数値を出して言えば、もちろんプラスの馬場差になった訳で、16日間全てプラスの馬場差。この番組的にはトピックスにしても良い程。ただ、先々週に続いて、先週もこの春の開催ではまだ時計は出やすかったレベル。プラス1秒前後でも時計が出やすかったという表現になる程ですから、いかにそれまで時計が掛かっていたかという事。
土曜日は内から抜け出した馬が勝ったり、あるいは大外を追い込んで来た馬も居たりで、目立って優位なコース取りはなかった。ただ、日曜は差し馬が全てのレースで連対していましたし、外を回る馬の上位進出が目に付いた。
ダート
先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス1秒4からマイナス1秒0へと変動、日曜がマイナス0秒8だった。ここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、全てマイナスの馬場差だった。総じて脚抜きが良く、時計の出やすいコンディションだったが、3週目は水準に近づいていた。
土曜は雨の影響が残って、時計が出やすいコンディション。特に午前の方が脚抜きが良くて、午後はいくらか乾いたので変動になっている。日曜は終日同じ馬場差で、土曜終盤よりもやや掛かっていた。後は脚質面。土曜は中団より後ろからの連対は12Rの2着馬のみだった。日曜は逆に差し馬の連対が目に付いた。
馬場差一覧

■タイム分析
2012-04-14  芝=+1.0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
5R T2200 テイエムオペラドン    牡3 未勝利 2:18.4 +2.5 +1.4   E D
6R T1400 アンビホールドゥン    牝3 未勝利 1:23.7 +0.7 ±0   C C
9R T1800 ショウナンカンムリ    牡3 はなみず500 1:48.2 +0.4 -0.5   B C
10R T1400 ラトルスネーク    牡4 千種川特1000 1:22.3 +0.8 +0.1   C C

2012-04-14  ダ=-1.4 → -1.0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R D1800 トーブプリンセス    牝3 未勝利・牝 1:54.2 -0.5 +0.9   E E
2R D1200 コウユーサクラサク    牡3 未勝利 1:13.0 -0.3 +0.6   D D
3R D1800 スマートマーズ    牡3 未勝利 1:53.4 -1.3 +0.1   C D
4R D1400 キーブランド    牡3 未勝利 1:25.1 -1.1 ±0   C D
7R D1800 オースミイチバン    牡3 500万下 1:52.8 -1.0 -0.5   B D
8R D1400 エーシンバサラ    牡4 500万下 1:24.2 -0.7 +0.2   C D
11R D1800 ゴルトブリッツ    牡5 アンタレG3 1:49.9 -0.8 +0.2 C C
12R D1400 スマイルタイム    牡5 1000万下 1:23.8 -0.4 +0.4   D C

         

■ワンポイントアドバイス
ステイゴールド vs ディープインパクト
後で更新します。

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。