Victory Road

ギャルのサンプル動画が見放題!

2012/04/21 (土)
2012年2回東京1日目

■馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒7、日曜がマイナス0秒6だった。
草丈が長めでしっかり上に伸びて生育状態の良さを感じさせるというコンディションだった。開幕週の馬場差としては、想定内のごく水準という数値だが、この春開催は天候に恵まれれば、より時計が出やすくなる事もある。一昨年なんかは1秒以上の高速馬場がずっと続いていた事がある。つまり、先週の様な速い上がりの決着が続くという可能性も高い。連対脚質の偏りはないが、有る程度ロスなく捌いて来た馬の好走確率が高く、直線の坂を上りきってからの切れ味勝負でも優位に立っていたかなぁという印象。能力比較に役立てるとすれば、むしろハッキリ外を回って来た馬同士の脚力を見比べておくべきだろう。特に最後までよく伸びて、まだ脚がありそうな馬がこの連続開催の後半戦では狙い目になってくるのではないかと思う。なお、2回開催は6週間の開催で、今週・来週と引き続きAコースが使用される。
ダート
先週の馬場差1600m対象の数値は土日ともプラス0秒9だった。
中間の天候に恵まれた事もあって、時計の掛かるパサパサのコンディションだった。東京で時計が掛かれば、差し決着が多いと思われがちだが、ダート戦全てのレースで黄色、つまり好位に位置した馬が連対している通り、4コーナーである程度の射程圏と言うか、そういった位置につけていないと厳しかったというのが先週の競馬。最も、先週の場合はメンバーレベルが全体に低めだった事も事実ですので、レースセンスも含めた能力差というのが、結果に反映している面も否めない。
馬場差一覧

■タイム分析
2012-04-21  芝=-0.7
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
5R T2000 ダノンジェラート    牡3 未勝利 2:02.9 +0.7 C D
6R T1800 ステアトゥヘヴン    牡3 500万下 1:48.6 +0.5   C C
8R T2300 カポーティスター    牡3 新緑賞500 2:23.4 +2.1   S D
9R T1600 サクラクローバー    牝5 1000万下・牝 1:34.3 +0.1   D D
11R T2400 スマートロビン    牡4 メトロポH 2:27.1 +2.3   S D

2012-04-21  ダ=+0.9
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R D1300 モンサンジュピター    牡3 未勝利 1:20.9 +1.3   D D
2R D1600 スパークオンアイス    牝3 未勝利・牝 1:40.5 +1.0   C D
3R D1400 ミヤビリファイン    牡3 未勝利 1:28.8 +2.6   E D
7R D2100 アールシネマスタア    牡4 500万下 2:15.1 +2.9   D D
10R D1400 ガンマーバースト    牡5 鎌倉S1600 1:24.7 +1.2   D C
12R D1600 ナイトフッド    牡6 1000万下 1:38.1 +0.9   C C

         

■ワンポイントアドバイス
復活!蛯名正義騎手
後で更新します。

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。