Victory Road

アダルト動画

2012/04/22 (日)
2012年3回京都2日目

■馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒3、日曜がマイナス1秒1からマイナス0秒2へと変動した。
土曜は開催初日らしく、速い時計の出るコンディションとなった。西日本エリアの芝でマイナス1秒台の所謂高速馬場となったのは久しぶり。遡って行くと、昨年秋の6回京都初日、11/5以来5ヶ月半ぶりだった。しかし、日曜は変動となった。未明からの雨の影響で、後のレースになる程時計が掛かり、水準レベルに近づいた。ただ、そうは言っても1回阪神・2回阪神の様な時計の掛かるレベルではない。3回京都も2回東京と同じく、6週間の開催だが、乾いた馬場なら極端に時計が掛かることはないだろう。なお、今週来週と引き続きCコースが使用される。
緩やかなペースが多かった事も要因だが、前めに位置し、内を立ち回った馬が優位だった。土曜11Rの様に後方の2頭で決着したレースもあるが、外を回したのではなくて、これも馬群の間を割って来ていた。枠番や馬番を見ても、土曜は1枠1番の馬が6レース中3レースで連対。日曜は6鞍全てで1枠か2枠が連対していた。
ダート
先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒9からマイナス0秒4へと変動、日曜がマイナス0秒4からマイナス0秒9へと変動した。
土曜は稍重から良へ、一方日曜は良から稍重へという事になった。この馬場発表と同じで、土曜は後になる程乾き、日曜は雨の影響で後になる程時計が出やすくなったという事。ただ、両日ともダートで最初のレースから最後のレースまで0秒5の差ですから、劇的に馬場コンディションが変化したという程ではない。脚質については、京都らしく前有利の決着が多かった。特に日曜は中団より後ろの馬の連対が1回のみだった。
馬場差一覧

■タイム分析
2012-04-22  芝=-1.1 → -0.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
3R T1600 サンマルクイーン    牝3 未勝利・牝 1:34.9 -0.4 +0.5   D C
5R T2200 タニノシュヴァリエ    牡3 未勝利 2:19.3 +3.9 +3.5   S D
8R T2400 クリサンセマム    牡4 500万下 2:28.8 +2.0 +2.1   S D
10R T1400 ガンジス    牡3 橘S 1:22.1 +0.7 +1.0   E D
11R T1600 シルポート    牡7 マイラーG2 1:33.2 +0.5 +0.7   D C
12R T1600 アバウト    牡4 1000万下 1:35.2 +1.3 +1.3   E D

2012-04-22  ダ=-0.4 → -0.9
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R D1200 シニスタークイーン    牝3 未勝利 1:12.8 ±0 +0.3   D D
2R D1800 エアラーテル    牡3 未勝利 1:55.2 +1.1 +1.5   E D
6R D1400 マラネロ    牡3 500万下 1:24.1 -0.8 -0.3   B C
7R D1800 ネクタル    牡3 500万下 1:51.8 -1.4 -0.7   B C
9R D1800 ローマンレジェンド    牡4 上賀茂H1600 1:51.2 +0.2 +0.8   D C

         

■ワンポイントアドバイス
復活!蛯名正義騎手
後で更新します。

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。