Victory Road

DMM.make DISPLAY

2012/05/06 (日)
2012年1回新潟2日目

■馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒4、日曜がマイナス0秒2からプラス0秒4へと変動。直線1000mの馬場差は土曜がプラス0秒2、日曜がプラス0秒5だった。
まず日曜については、雨の影響で、後になる程時計の掛かるコンディションになっていた。また、極端ではないが、土日の馬場差の開きには注意したい。そもそも草丈が短く、色味の薄い春開催らしい芝で、土曜にしても高速馬場ではなかった。さらに日曜の方が、雨・風の影響を強く受けたという事。その日曜は5R辺りまではインコース2・3頭分が伸び負けている印象だった。後半の7R・11Rでは平均ペースにも関わらず、むしろインを通って来た馬の方が馬券に絡んでいた。道悪競馬で始まったという事、そして芝そのものが細かく掘れやすい印象を受ける事からも、引き続き馬場の傾向には注意を払いたい。なお、この後の2週もBコースが使用される。
ダート
先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラス0秒5、日曜がプラス1秒0。1200m対象の数値は土日ともにマイナス0秒2だった。
中距離、つまり1800mと1200mで時計の出方が比例しないので、分けて表示する事になった。さらにその上で、1800mと1200mではそれぞれの推移のしかたが異なる点に注意。1800mは土曜は不良・重でもプラス。そして日曜は風の影響を強く受け、さらに時計が掛かった。いずれにしても表面より中の方に相当な水分を含んでいる印象のダートでして、よどみない流れになるとレース上がりも掛かってタフさを要求される決着が多かった。連対脚質において、中団・後方に位置した馬の占有率が高くなっているのもこれに付随している。一方1200mは土日とも同じ数値でして、水準寄りのマイナスゾーンだったという事。
馬場差一覧

■タイム分析
2012-05-06  芝=-0.2 → +0.4 / 直=+0.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
2R T1600 フェニーチェ    牝3 未勝利・牝 1:36.0 +1.1   E D
4R T2200 ホッコーゼニト    牡3 未勝利 2:15.7 +1.0   D C
5R T1800 シャドウバンガード    牡3 未勝利・若 1:49.5 +1.8   D E
7R T1400 レト    牡5 500万下 1:22.0 +0.3   C D
11R T2000 ヒットザターゲット    牡4 新潟大賞HG3 1:59.0 +1.1   D D
12R T1000 サンマルヘイロー    牡6 飛竜特別500 0:56.9 +1.6   E D

2012-05-06  ダ=+1.0 / 1150m=-0.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R D1800 タイガーシード    牡3 未勝利 1:55.0 +0.7   C D
3R D1200 デリケートアーチ    牝3 未勝利 1:12.9 +0.1   D D
6R D1800 ワンダースキー    牝5 500万下・牝 1:55.0 +2.2   E E
8R D1800 オーヴァージョイド    牡4 500万下 1:54.4 +1.6   D D
9R D1200 ジャマイカジョー    牡4 500万下 1:11.5 -0.4   C D
10R D1800 ワイルドロジャー    牡3 わらび賞500 1:55.0 +1.6   D C

         

■ワンポイントアドバイス
時代は回るが、傾向は続く!?
後で更新します。

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。