Victory Road

DMM.make DISPLAY

2012/05/06 (日)
2012年3回京都6日目

■馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス2秒0、日曜がマイナス1秒9だった。ここまで6日間の馬場差を振り返っておくと、全てマイナスの数値で雨の影響を受けた2日目以外はかなり時計の出やすいコンディションになっている。特にここ2週はかなり高速馬場になっている。
特に3日目、つまり先々週の土曜以降は相当に時計の出やすいコンディション。先週の日曜は途中雨が降ったが、時計の出方は土曜とほとんど変わらなかった。ただ、先週は外を回って来た馬も、結構上位に来ていた。なお、3回京都は6週12日間の開催で、今週から後半3週はDコースが使用される。
ダート
先週の馬場差1800m対象の数値は土日ともにマイナス0秒6だった。ここまで6日間の馬場差を振り返っておくと、全てマイナスの数値。特に3日目以降は全てマイナス0秒6で変わっていない。
日曜は途中雨も降ったが、馬場差は終日と言うか、土日を通じて同じだった。つまり、天候の変化があっても時計の出方は変わらなかったという点が強調すべき事になる。また、脚質については中団・後方からの占有率が1週目・2週目より大幅にアップしているが、能力的なモノでして、馬場自体は馬場差が示している通り、変化していないと考えるのが妥当だと思う。
馬場差一覧

■タイム分析
2012-05-06  芝=-1.9
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
3R T1600 マイネルオラシオン    牡3 未勝利 1:34.8 -0.5   E D
5R T1800 マルケサス    牡3 未勝利 1:48.4 -0.2   S D
7R T2000 スマートリバティー    牡4 500万下 1:59.0 -1.6   C D
9R T2000 アロマティコ    牝3 矢車賞500 1:59.3 -1.8   B D
10R T2400 エアポートメサ    牡4 白川特別1000 2:24.5 -1.6   D C
11R T1200 ヘニーハウンド    牡4 鞍馬SH 1:07.1 -0.8   D E

2012-05-06  ダ=-0.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R D1200 ツバキ    牝3 未勝利・牝 1:14.1 +1.3   E D
2R D1800 ナムラビクター    牡3 未勝利 1:53.0 -1.1   B D
6R D1400 ナガラオリオン    牡3 500万下 1:24.5 -0.4   C D
8R D1800 ナポレオンバローズ    牡4 500万下 1:52.6 ±0   C D
12R D1400 フレイムヘイロー    牡4 1000万下 1:23.9 +0.1   D D

         

■ワンポイントアドバイス
時代は回るが、傾向は続く!?
後で更新します。

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。