Victory Road

アダルト動画

2012/05/12 (土)
2012年3回京都7日目

■馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒8、日曜がマイナス1秒7だった。ここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、全てマイナスの馬場差。特に2週目以降はかなり速い時計の出やすいコンディションが続いている。なお、3回京都も2回東京と同じく、6週間の開催。あと2週そのままDコースが使用される。
同じコースを使用していればそろそろ時計が掛かり出してもおかしくない。先週からコース設定が替わり、依然として超のつく高速馬場だった。残り2週天候が悪くならない限りは、急に時計が掛かって来る事はないと思われる。コース取りについては、内・外偏った傾向は見られなかった。
ダート
先週の馬場差1800m対象の数値は土日ともにマイナス0秒6だった。ここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、ここまで全てマイナスゾーン。特に3日目以降は全てマイナス0秒6と馬場コンディションはやや時計が出やすいレベルで安定している。
繰り返しになるが、2週目以降は全て同じ馬場差でこの3週間に出走していた馬が、次走同じレースで対戦する場合は、そのまま時計比較が可能問いいうこと。先々週に続き、中団以降に居た馬の連対が目立った。通常の京都ダート戦よりは、差し・追い込みの効く馬場になっていると考えられる。
馬場差一覧

■タイム分析
2012-05-12  芝=-1.8
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
2R T1400 キタサンエピソード    牡3 未勝利 1:21.0 -1.5 -0.2   C C
4R T1800 サンライズメジャー    牡3 未勝利 1:48.8 +0.2 +0.7   D C
6R T1400 ウインスラッガー    牡3 500万下 1:20.8 -1.0 +0.3   D C
9R T1800 グルヴェイグ    牝4 紫野特別1000 1:45.6 -1.1 +0.2   C C
10R T1200 エーシンヒットマン    牡4 彦根S1600 1:07.9 -0.4 +0.7   E C
11R T1800 ネオヴァンドーム    牡5 都大路S 1:44.9 -0.4 +1.2   E D

2012-05-12  ダ=-0.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R D1800 メテオーリカ    牝3 未勝利・牝 1:54.4 +0.3 +0.9   E D
3R D1200 ミヤジチョビ    牡3 未勝利 1:12.8 ±0 +0.4   D D
5R D1800 ハギノタイクーン    牡3 500万下 1:51.9 -1.3 -0.7   B D
7R D1400 キングブラーボ    牡4 500万下 1:24.1 -0.4 +0.1   C D
12R D1800 エーシンテンモク    牡5 1000万下 1:52.2 +0.4 +1.0   E D

         

■ワンポイントアドバイス
初出走馬を要チェック!
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。