Victory Road

アダルト動画

2012/05/13 (日)
2012年1回新潟4日目

■馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス0秒2からマイナス0秒3へと変動、日曜がマイナス0秒6だった。直線1000mの馬場差は土曜がプラス0秒2、日曜がマイナス0秒1だった。まずはここまで2週の芝の馬場差を振り返っておく。1週目は土曜よりも日曜の方が時計が掛かり、2週目の先週は土曜よりも日曜の方が馬場が乾いて、時計が出やすくなった。ただ、4日間とも水準から大きくは離れてはいない。なお、1回新潟は3週の開催で、今週が最終週。引き続きBコースが使用される。
土曜は後半馬場が乾いて行き、後のレースの方が時計は出やすくなった。日曜はさらに馬場が乾いて、まずまず時計の出やすいコンディションだった。直線1000mも日曜の方が時計は出やすくなっていた。見た目にはかなりの砂埃が立っており、ちょっと馬場の傷みが進行したかなとも思えたが、脚質的にも極端な偏りはない。日曜には外差しに移行しそうな決着も連続したが、11R内回りの2200mでレース上がりが34秒6。いかにペースが遅いとは言え、まぁこの数字が出るのですから、まだ馬場は保っていると考えたい。
ダート
先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラス1秒5、日曜がプラス1秒9。1200m対象の数値は土曜がプラス0秒8、日曜がプラス0秒2だった。ここまで4日間の馬場差を振り返っておく。1800mは開催が進む毎に時計が掛かっている。一方1200mは1週目と2週目の比較では、2週目の方が掛かっているが、1800mと違い、先週は土曜の方が時計は掛かっていた。
1800mと1200mで時計の出方が比例しないというか、むしろ逆になって1200mでは日曜の方が時計が出やすくなっている。理論立てて説明はできないが、現にこうなっているので、ご注意くださいという事になる。先週の特徴は1200m戦で中団・後方に位置した馬の連対占有率が高かった事。未勝利戦では能力的なバラつきも関係しているのだと思うが、消耗戦の様相から先行勢がバタッと失速するケースが目に付き、新潟らしからぬ傾向となった。今後の見直しとしては当然厳しいペースで先行した馬たちという事になる。
馬場差一覧

■タイム分析
2012-05-13  芝=-0.6 / 直=-0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
2R T1400 オメガセニョリーナ    牝3 未勝利・牝 1:21.9 -0.6   C D
4R T2400 ローリングストーン    牡3 未勝利 2:28.3 +0.3   C D
5R T1800 サクラヴィクトリー    牡3 未勝利 1:46.5 -1.2   B C
7R T2000 ゴールデングローブ    牝4 500万下・牝 1:59.8 -0.2   D D
9R T1600 トウカイソニック    牡6 500万下 1:34.6 +0.7   D C
10R T1000 パープルタイガー    牡3 はやぶさ500 0:55.3 -0.1   C D
11R T2200 オマワリサン    牡4 赤倉特H1000 2:14.3 +1.6   S D

2012-05-13  ダ=+1.9 / 1150m=+0.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R D1800 スズカキングダム    牡3 未勝利 1:56.2 +1.9   C D
3R D1200 アートオブキング    牡3 未勝利 1:12.6 -0.2   B D
6R D1200 シンビオシス    セ5 500万下・若 1:12.6 +0.7   D D
8R D1200 トーセンナスクラ    牡4 500万下 1:12.4 +0.5   D D
12R D1800 トルバドゥール    牡4 三条特別500 1:54.9 +2.1   C D

         

■ワンポイントアドバイス
初出走馬を要チェック!
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。