Victory Road

DMM.make DISPLAY

2012/06/24 (日)
2012年2回福島4日目

■馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス0秒1、日曜がマイナス0秒1だった。まずここまでの馬場差を振り返っておくと、初日の前半こそ時計の出やすいレベルだったが、その後は雨の影響により水準レベルで推移している。
金曜の午前中の雨の影響が残って、土曜日は3Rまでが稍重。5Rから良馬場になったが、馬場差は変動ではなく、同じく稍重から良へと変化した2日目と同じ馬場差だった。土曜より乾いた日曜は少しだけ速い時計が出る状態になったが、所謂高速馬場ではない。内側の芝が薄くなっている様に見えるが、まだ内を通る馬が断然有利だった。尚かつ今週からBコースに替わるので、この開催最後まで所謂外差し馬場にはならないと思う。
ダート
先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がプラス0秒4からプラス0秒9へと変動。日曜がプラス1秒2だった。まずはここまで4日間の馬場差を振り返っておくと、初日は雨の影響で後になる程時計が速くなったが、2日目は水準。そして先週は雨の影響が残っていてもプラスの数値だった。
こちらも金曜午前中の雨の影響が残って、土曜は4Rまでが重、6R以降稍重。馬場差は1Rの時点でプラス0秒4、そこから徐々に時計が掛かる様になって、11Rの時点でプラス0秒9だった。土曜は重から稍重に変化した日だが、良馬場だった初日、あるいは稍重から良へと変化した2日目よりも時計が掛かっている点に注意。良馬場の日曜日はさらに時計が掛かる様になった。1週目より大分時計の掛かる馬場になったが、それによって連対馬の脚質傾向に変化があったかと言うと、そんな事はなくて、先行馬あるいは中団から3コーナーで追い上げて行った馬の好走が多かった。差しが届いたと言えるのは、完全タイム差がプラス1秒1と時計が掛かって低レベルだった土曜の8Rと、ハイペースだった土曜の11Rだった。
馬場差一覧

■タイム分析
2012-06-24  芝=-0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R T1200 トルークマクト    牡2 未勝利 1:09.8 -0.6   B D
2R T1200 スガノパフィオ    牝3 未勝利・牝 1:10.1 +0.3   D E
5R T1200 マイネルパントル    牡2 新馬 1:11.1 +0.5   D D
7R T2600 ケイアイジーニアス    牡3 未勝利 2:45.3 +3.0   S D
8R T2000 ヤマニンアーマー    牡4 500万下 2:02.7 +1.9   E D
9R T1700 ゴールドスマイル    牡4 栗子特別500 1:42.7 +1.1   E D
11R T1800 ミキノバンジョー    牡5 福島テレ 1:48.4 +2.6   E E

2012-06-24  ダ=+1.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
3R D1700 ガンガンユコウゼ    牡3 未勝利 1:48.1 +0.8   B D
6R D1700 メテオレイン    牝3 未勝利・牝 1:49.8 +2.5   E E
10R D1150 サザンブレイズ    牡4 鶴ヶ城特1000 1:08.0 +0.1   B C
12R D1700 ドラゴンアルテマ    牡5 500万下 1:48.1 +2.1   E C

         

■ワンポイントアドバイス
後で更新します。
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。