Victory Road

巨乳のサンプル動画が見放題!

2012/07/28 (土)
2012年1回札幌3日目

■馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス1秒9だった。ここまで4日間全てマイナス1秒9の馬場差で、かなり速い時計の出るコンディションが続いている。
この中間は好天が続いて、毎日の様に散水が行われたという札幌だが、数値的にも引き続き抜群の超高速馬場がキープされている。連対馬の脚質についても、占有率のバランスはほど変わっていない。インコースを通らないとダメという訳ではないが、瞬発力がないと上位争いには加われないという流れになっている。ちなみに、土曜の12R1800mの1000万下の特別戦というのは、超スローだったが、レース上がりが34秒6。そして勝ったテーオーケンジャの推定上がりはなんと33秒4だった。
ダート
先週の馬場差1700m対象の数値は土日ともにマイナス0秒2だった。こちらもまずはここまでの馬場差を振り返っておくと、1週目はやや時計は掛かっていたが、先週1700mについては、開幕週と比較すれば時計は出やすくなっている。また、1000mについては初日のみで、対象レースの無かった2日目、そして先週は1700mと馬場差を分けての表示をしていない。
開催初日は中・長距離と1000mで時計の出方が比例しなかったが、先週はそんな事はなくて、1つの数値に統一した。1つ補足しておくと、1700mについては確かに開幕週よりも時計は出やすくなったが、1000mについては開催初日と比較して、逆に時計が掛かったという事になる。連対馬脚質の傾向は大きく変わらないが、各馬の能力と言うか、上がりの脚力がストレートに結果に反映していたと思う。特に日曜の8Rと10R、タイムランクDと平凡な決着であっても、勝ち馬のパフォーマンス・脚力自体は十分に納得できるレベルですので、あまり低く見積もらない方が良いのではないかと思う。
馬場差一覧

■タイム分析
2012-07-28  芝=-1.9
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R T1800 アポロカーネル    セ2 未勝利 1:51.0 +0.1 +1.8   E D
5R T1500 ラトーナ    牝2 新馬・牝 1:30.2 -1.1 +0.3   D C
6R T1200 インスペード    牡3 未勝利 1:09.2 -1.3 -0.2   C D
10R T1200 バートラムガーデン    牝3 ニセコ特500 1:08.8 -1.0 +0.1   C D
11R T1800 ムーンリットレイク    牡4 TVh賞1600 1:47.1 -0.7 +0.7   D D
12R T1800 テーオーケンジャ    牡5 日高特H1000 1:48.4 -0.1 +0.8   D C

2012-07-28  ダ=-0.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
2R D1700 シュラ    牡3 未勝利 1:47.8 +0.6 +0.8   D D
3R D1000 トミケンスプリング    牝3 未勝利 1:00.0 +0.2 +0.3   D D
4R D2400 キクノエクレール    牡3 未勝利 2:36.7 +0.2 +0.1   C D
7R D1700 フィールザラブ    牝3 500万下・牝 1:45.5 -0.4 -0.2   C D
8R D1000 トウカイアストロ    牡3 500万下 0:59.4 +0.3 +0.4   D C
9R D1700 ジャンナ    牡4 500万下 1:46.2 +0.3 +0.5   D C

         

■ワンポイントアドバイス
もっとメジャーに!
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。