Victory Road

DMM.make DISPLAY

2012/07/29 (日)
2012年2回小倉2日目

■馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス2秒0だった。
1回開催から5ヶ月以上間隔を空けた。しかもその1回開催の芝というのは、BコースとCコースで行われていた。Aコース使用というのは、昨年末以来。つまり8ヶ月以上使用されていなかった、本来の内ラチ沿いを走る訳ですから、当然の如くかなり速い時計の出るコンディションになった。ただし、前へ行って内を立ち回った馬が目立った訳ではない。土曜1Rがいきなり差し馬同士の決着。2Rの勝ち馬ナリタスカイは4コーナーで外に出され、大外から内のスリーアフロディテを交わしていた。なお、2回開催は12日間の開催で、4週目までこのままAコースが使用されるが、雨の影響を受けない限り、速い時計での決着が続くんじゃないだろうか。
ダート
先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がマイナス0秒9、日曜がマイナス0秒8だった。
芝ほどではないが、ダートも時計の出やすいコンディションだった。連対馬の脚質を見ると、マクって勝った土曜7Rの勝ち馬オーシャンドライブを含め、ダートの勝ち馬8頭の内6頭は前半、中団ないし後方に控えていた馬という事になる。スピード優先と言われる1000mにしても、連対馬4頭の内3頭は中団に位置していた。開幕週は小回りだから前が有利という事はなかった。
馬場差一覧

■タイム分析
2012-07-29  芝=-2.0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R T1200 テイエムシングン    牡2 未勝利 1:08.5 -1.1   C D
3R T1200 アルレガーロ    牝3 未勝利 1:07.8 -1.4   C D
5R T1200 マイネルエテルネル    牡2 新馬 1:08.8 -1.0   C C
7R T2000 ロードハリケーン    牡3 未勝利 1:59.4 -1.7   C E
9R T2000 ハワイアンウインド    牝3 国東特別500 1:57.2 -2.7   B D
10R T1200 スギノエンデバー    牡4 佐世保特1000 1:07.1 -1.0   C C
12R T1800 ブライトバニヤン    牡4 500万下 1:46.9 -0.2   S D

2012-07-29  ダ=-0.8
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
2R D1700 ウインアルエット    牝3 未勝利・牝 1:46.1 -0.6   C E
6R D1000 スズノハヤブサ    牡3 未勝利 0:59.1 -0.2   D D
8R D1700 セイラ    牝3 500万下・牝 1:45.9 +0.5   E D
11R D1700 グラッツィア    牡4 KBC杯1600 1:44.1 +0.3   D C

         

■ワンポイントアドバイス
もっとメジャーに!
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。